空飛ぶクルマ『AeroMobil Flying Car』予約開始、2020年より発売へ/価格

公開日: : 周辺機器

スロバキアのエアロモービル社は現地時間4月22日、公道を走行できる小型飛行機(空飛ぶ自動車)『AeroMobil Flying Car』のバージョン4.0をモナコのイベントで披露、さらに初版の市販モデルについて予約受付を開始しました。

aeromobil4_02

スポンサーリンク

『AeroMobil Flying Car』予約開始、2020年より発売へ

『AeroMobil Flying Car』はスポーツカーなどで使われる最新カーボンなどを利用して軽量化(車体重量960kg)と高い強度を持ち、パイロットと副操縦士を取り囲むように設計されているとしています。安全面では車両を安全に地面へ戻すためのパラシュートやデュアルステージエアバッグなどを取り入れているとのこと。

aeromobil-20170423.1

自動車から飛行機へのモード切替は3分以内に行えるほか、飛行距離は750km、燃料タンクは90Lとしています。

aeromobil4_07

タイヤ部。

aeromobil4_06

自動車の運転席に近いコックピット。

aeromobil4_05

バージョン3.0から洗練されています。

aeromobil4_03

市販モデルは今回のバージョン4.0と変わらないデザインになる予定。

aeromobil4_01

『AeroMobil Flying Car』の市販モデルはモナコのショーで予約受付を開始、最初の生産台数は最大500台に制限し、最終的な価格は顧客の仕様に応じて120万~150万ユーロ(1.4億円~1.75億円)の間で設定されるとしています。

さらに最初の25台はFounders Editionとして特典パッケージが含まれるとのこと。

前回の話
空飛ぶ自動車『AeroMobil 3.0』は2017年発売/画像・動画

Source:AeroMobil

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事 - 同じタグの記事が見つかりました。

スポンサーリンク

AUKEY USB Type-Cケーブル1m2本セット開封レビュー、50%OFFセール中で499円に

AUKEY JAPANより最新のUSB規格Type-Cケーブルの1メー

世界50言語サポートの通訳デバイス『POCKETALK』発表、価格・発売日・スペック・動画

ソースネクストは10月23日、世界50言語以上に対応する通訳デバイス「

10/23まで限定クーポン、片耳Bluetoothイヤホン最新モデル『EnacFire CF8003』が値下げに

片耳のBluetoothイヤホンというニッチな製品ながらレビュー数が1

Cyanogen OSのCyngn、今は自立走行車・自動建設機械の事業へシフト

かつてCyanogenMod Inc.としてCyanogen OSやカ

Androidをノートパソコンに、14型『Openbook』登場―ドッキングステーション #KICKSTARTER

高性能化するAndroidスマートフォンに大画面14インチとキーボード

小さく畳める携帯リュック、mont-bell(モンベル)ポケッタブルディパック 20購入レビュー

使わないときは小さく畳めて荷物が増えた時に頼れる携帯リュック『mont

室内撮影に、LED228球『Andoer LEDビデオライト』開封レビュー/割引クーポンあり

カメラに取り付けて明るさを確保できる228球のLEDを搭載した『And

ノジマが低価格49型/55型4Kテレビを11月上旬に発売、価格・スペック・予約特典 #ELSONIC

ノジマは10月6日、同社のプライベートブランド「ELSONIC」(エル

パスモが「モバイルPASMO」商標出願、スマートフォンなどの利用を想定

パスモが9月13日にスマートフォンなどを使った支払いサービス「モバイル

ミニ・スーファミ『Super NES Classic Edition』の分解動画

任天堂が米国で現地時間9月29日より発売したミニ・スーファミ『Supe

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑