空飛ぶ自動車『AeroMobil 3.0』は2017年発売/画像・動画

公開日: : 周辺機器

 スロバキアのエアロモービル社が公道を走行できる小型飛行機(空飛ぶ自動車)『AeroMobil 3.0』を2017年に発売する計画を発表しました。

AeroMobile3.0-04

スポンサーリンク

空飛ぶ自動車『AeroMobil 3.0』が発売へ

AeroMobile3.0-03

 『AeroMobil 3.0』は20年以上にわたり開発を進められてきた自動車で、これまで2016年~2017年に発売したいと開発者が語っていましたが2017年に発売されるようです。

 『AeroMobil 3.0』は翼を収納している関係で全長6mと長めですが公道を走行可能で、数秒で自動車から航空機へ移行でき、そのままガソリンを燃料に空を飛べるとのこと。

自動車の運転席というよりコックピット

AeroMobile3.0-06

 コックピットを見て飛行機を操縦できないという現実に引き戻されます。

搭乗者数は2人

AeroMobile3.0-05

 搭乗者数は2人で自動車時は最高時速160km、飛行速度は200kmで距離は最大700キロまで飛べるとしています。

700キロも飛べる

AeroMobile3.0-01

 試作品完成時に離陸するのに必要な距離は200mとありましたが、発売時に縮められるのかも知りたいところです。

『AeroMobil 3.0』の販売価格

AeroMobile3.0-07

 販売価格は未定ながら、数十万ユーロを見込んでいるとしています。10万ユーロは約1300万円なので3万ユーロなら3900万円ほどになりそうです。

 空のVR道路プロジェクトや3Dマッピングといった技術が合わさることで空の渋滞や自動操縦も現実のものとなりそうですが、最終的にはパイロットとしての知識と経験、つまり腕が生死をわけるのでバスのような定期便に乗るあたりが丁度良いのかもしれません。

 『AeroMobil 3.0』の最新動画は下記CNNより確認できます。

Source:CNN

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事 - 同じタグの記事が見つかりました。

スポンサーリンク

DBPOWER 4KアクションカメラやDVDプレーヤーなど3製品クーポン

自撮り棒やリモコン撮影ボタンなどが標準で付属する4K対応『DBPOWE

SEGA『ガドライブ ミニ』発表、2018年内にリリース予定

セガホールディングスは4月14日、秋葉原で開催しているセガフェス201

ITRIが折り畳みAMOLEDディスプレイを発表、プロトタイプ動画

台湾Industrial Technology Research In

4/8まで最大50%OFF、Spigenがワイヤレス充電器が対象の新生活応援キャンペーン開催

スマートフォンやタブレット用アクセサリーを手掛けるシュピゲンジャパンが

先着300台限定で20%OFF、ANKERがワイヤレスキーボードとマウスのセット発売記念セール

アンカー・ジャパンは4月5日、Windows向けの『Anker 2.4

クーポンあり、花粉やPM2.5対策にPureplove 空気清浄機『CF-8110A』開封~試用レビュー

pure storeが販売する花粉やタバコ、PM2.5から生活臭まで対

特別クーポンあり、駐車監視やフルHD録画『ANSTARドライブレコーダー』開封レビュー

広角170度にフルHD録画、駐車場監視機能を備えたANSTARドライブ

ドンキ、低価格50型4K液晶テレビをアップグレードして発売

ドン・キホーテは3月9日、第5回『ジェネリック家電製品大賞』において、

Nintendo Switch スプラトゥーン2セット再販分の予約開始、特典イカすスタートガイド付き

任天堂の人気ゲーム機Nintendo Switchのスプラトゥーン2セ

Nintendo Switch向け 大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)の2018年リリースが発表、公式動画

任天堂は3月9日、プレゼンテーション映像「Nintendo Direc

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑