空飛ぶ自動車『AeroMobil 3.0』は2017年発売/画像・動画

公開日: : 周辺機器

 スロバキアのエアロモービル社が公道を走行できる小型飛行機(空飛ぶ自動車)『AeroMobil 3.0』を2017年に発売する計画を発表しました。

AeroMobile3.0-04

スポンサーリンク

空飛ぶ自動車『AeroMobil 3.0』が発売へ

AeroMobile3.0-03

 『AeroMobil 3.0』は20年以上にわたり開発を進められてきた自動車で、これまで2016年~2017年に発売したいと開発者が語っていましたが2017年に発売されるようです。

 『AeroMobil 3.0』は翼を収納している関係で全長6mと長めですが公道を走行可能で、数秒で自動車から航空機へ移行でき、そのままガソリンを燃料に空を飛べるとのこと。

自動車の運転席というよりコックピット

AeroMobile3.0-06

 コックピットを見て飛行機を操縦できないという現実に引き戻されます。

搭乗者数は2人

AeroMobile3.0-05

 搭乗者数は2人で自動車時は最高時速160km、飛行速度は200kmで距離は最大700キロまで飛べるとしています。

700キロも飛べる

AeroMobile3.0-01

 試作品完成時に離陸するのに必要な距離は200mとありましたが、発売時に縮められるのかも知りたいところです。

『AeroMobil 3.0』の販売価格

AeroMobile3.0-07

 販売価格は未定ながら、数十万ユーロを見込んでいるとしています。10万ユーロは約1300万円なので3万ユーロなら3900万円ほどになりそうです。

 空のVR道路プロジェクトや3Dマッピングといった技術が合わさることで空の渋滞や自動操縦も現実のものとなりそうですが、最終的にはパイロットとしての知識と経験、つまり腕が生死をわけるのでバスのような定期便に乗るあたりが丁度良いのかもしれません。

 『AeroMobil 3.0』の最新動画は下記CNNより確認できます。

Source:CNN

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事 - 同じタグの記事が見つかりました。

スポンサーリンク

セブンイレブンが1000店にシェア自転車、Suicaなどで予約不要・利用料金

セブン―イレブン・ジャパンが新たにソフトバンクと連携してコンビニ店舗を

DIYな携帯ゲーム機『GameShell』がキックスターターに登場、目標額の2倍に・スペック

中国ハイテク企業Clockworkがクラウドファンディング”KICKS

車のスマートキーが入る「薄い財布」探し3選 #ミニマリスト

私事ですが数か月前に車を購入、そしてスマートキーを入手したのですが分厚

Qualcomm Snapdragon 845は12月6日に発表か、イベントで常時接続PCデモの実施も

Qualcomm Incorporatedの子会社Qualcomm T

バンダイ、復刻版『祝20 しゅーねん! たまごっち』発表―発売日・価格

バンダイは11月15日、初代たまごっちを復刻した『祝20 しゅーねん!

クーポンあり、視聴制限できる9型 ポータブルDVDプレーヤー開封レビュー #DBPOWER

SDカードやシガーソケット電源が使えるリージョンフリー/CPRM対応の

サンコー、速暖10秒『電熱ヒーターライトジャケット』発表―価格・サイズ

サンコーは11月6日、襟と背中にヒーターを内蔵したライトジャケット「電

Broadcomがクアルコムを買収か、1000億ドル超えとも

Bloombergは米国時間11月4日、Broadcomがチップメーカ

『Airbibo 4ポートUSBハブ』開封レビュー、11/5までの2製品クーポンあり

アマゾンで自転車ホルダーからアウトドア製品まで販売しているAirbib

水ぶき対応『Airbibo フロアモップ』開封レビュー・感想、11/5までの2製品クーポンあり

アマゾンで自転車ホルダーからアウトドア製品まで販売しているAirbib

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑