水中・自転車OKなアクションカメラ『Andoer AN5000』開封レビュー、7/31までの2製品クーポンあり

ダイビングにサイクリング、三脚に対応するソニーIMX078 CMOSセンサー搭載アクションカメラ『Andoer AN5000』と7月31日までの期間限定クーポンコードを提供いただきました。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review

スポンサーリンク

『Andoer AN5000』開封レビュー、7/31までの2製品クーポンあり

本体サイズ5.9 x 4 x 12cmの小さなボディに重さ63gと軽量な『Andoer AN5000』は2インチのディスプレイにソニー製IMX078 1 / 2.3 "CMOSセンサー搭載のF2.0の広角レンズ(170/140/110/70°)を採用したアクションカメラです。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.01

僅か63gのコンパクトボディは旅行中の撮影やドライブレコーダーとしても使用可能。

ディスプレイとカメラ

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.06

『Andoer AN5000』の価格から想像していませんでしたが、2000万画素カメラにWi-Fiを搭載しています。専用アプリ連携で撮影内容のプレビューなどが行えるとのこと。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.03

動画撮影では最大UHD(2880x2160)までサポート、手振れ補正(防振)機能により自動車や自転車での撮影にも強く、ソフト面ではループ録画、タイムラプス、セルフタイマー、バーストモードなどの機能を搭載しており、ディスプレイから操作できます。

バッテリーは3.8V 950mAhの充電式リチウムイオン電池、側面にはMicroSDカードスロット(最大64GB対応)が設けられています。

ズーム機能

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.05

側面にある上下の選択ボタンを長押しすることで最大5倍までのズーム撮影が可能となっています。

様々な状況に対応できる付属品

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.04

水中や自転車のポール、三脚にベルト、ヘルメットなど様々な場所へ取り付けて撮影できるよう豊富な付属品があります。いずれも付属する専用のキャリングケースに収められているので収納はコンパクトでした。

防水ケース付属

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.02

水深30メートルに対応し、ダイビングやサーフィンなどの映像を記録できるようになっています。

『Andoer AN5000』開封レビュー

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4401

『Andoer AN5000』は専用キャリングケースに入った状態で届きます。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4402

先ほどの製品画像にあった付属品が固めのスポンジに収められていました。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4410

同梱品の一部を袋から出して撮影、ユーザーマニュアルを参考に必要なパーツを選ぶ形になります。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4412

上図では写真に映したパーツを組み合わせることで完成した姿を現しています。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4408

『Andoer AN5000』本体は防水ケースを装着した状態で入っていました。iPhone 5を並べてサイズ感を確認。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4409

バッテリー内蔵タイプなのでカメラレンズの斜め下にあるボタンを押すとディスプレイが点灯、撮影できる状態になりました。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4500

『Andoer AN5000』本体と大きめの腕時計(ダイバーウォッチ)を並べて撮影、かなり小さいことが伝わるでしょうか。自転車の旅行やドライブレコーダーとしても活躍できるサイズです。

Andoer-AN5000-Tabkul.com-Review.IMG_4513

前面の電源ボタンはモード切替ボタンでもあり、メニューの言語設定から日本語を選ぶことで上図のように日本語表示が可能となっています。あとは日時や解像度の変更などを行います。

実際に使ってみると手振れ補正機能が優れていてサイクリングはもちろん、ドライブレコーダーとしても活躍できると思いました。メニューは側面にある上下ボタンと天面にあるOKボタンで行います。

個人的には何もパーツを付けずに単体で持ち運び、日記代わりに日常を記録するというのも良いと思いました。手持ちのビデオカメラやデジタル一眼レフ、デジカメにスマートフォンなどとは異なる新しい世界を覗けるアクションカメラでした。

Andoer AN5000 アクションカメラの価格・割引クーポンコード

今回レビューしたアクションカメラ『Andoer AN5000』をアマゾン表示価格より20%OFFで購入できる割引クーポンコード「IRH2TISB」(3色とも対応)を提供いただきました。

7月31日までの期間限定、適用できるショップ(販売元)は「Andoer Official-jp」となっています。

※早期終了する場合があります。また変更などがある場合は追記します。

Andoer AN5000 アクションカメラ 4K 24fps WiFi 20MP 1080P 60fps 5倍ズーム 2

Andoer AN5000 アクションカメラ 4K 24fps WiFi 20MP 1080P 60fps 5倍ズーム 2" LCDスクリーン 170°広角レンズ(選択可能) ジャイロスコープ防振 防水30m NTK96660 車DVR ビデオカメラ 携帯用キャリングケース付きAndoer

参考価格:8,299円
価格: 8,299円 (20%OFF)
クーポンコード:IRH2TISB

レビュー:2件(2017/07/09現在)



『Koogeek BP2』の価格・割引クーポンコード

前回レビューしたスマート血圧計『Koogeek BP2』をアマゾン表示価格より25%OFFで購入できる割引クーポンコード「JDRCXQIM」を提供いただいています。

7月31日までの期間限定、適用できるショップ(販売元)は「SmartHome-JP」となっています。

※早期終了する場合があります。また変更などがある場合は追記します。

Koogeek FDA認証 スマート血圧計(上腕式) 自動血圧計 WIFIとワイヤレスBluetoothをサポート 心拍検測 Appをダウンロード使用 IOSとAndroidデバイスに対応 充電式 16 ユーザー

Koogeek FDA認証 スマート血圧計(上腕式) 自動血圧計 WIFIとワイヤレスBluetoothをサポート 心拍検測 Appをダウンロード使用 IOSとAndroidデバイスに対応 充電式 16 ユーザーKoogeek

価格: 6,299円 (クーポン適用で更に25%OFF)
クーポンコード:JDRCXQIM

レビュー:20件(2017/07/09現在)



 

前回の話
単体でも使えるスマート血圧計『Koogeek BP2』開封レビュー、7/31まで2製品クーポンあり

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DIYな携帯ゲーム機『GameShell』がキックスターターに登場、目標額の2倍に・スペック

中国ハイテク企業Clockworkがクラウドファンディング”KICKS

車のスマートキーが入る「薄い財布」探し3選 #ミニマリスト

私事ですが数か月前に車を購入、そしてスマートキーを入手したのですが分厚

Qualcomm Snapdragon 845は12月6日に発表か、イベントで常時接続PCデモの実施も

Qualcomm Incorporatedの子会社Qualcomm T

バンダイ、復刻版『祝20 しゅーねん! たまごっち』発表―発売日・価格

バンダイは11月15日、初代たまごっちを復刻した『祝20 しゅーねん!

クーポンあり、視聴制限できる9型 ポータブルDVDプレーヤー開封レビュー #DBPOWER

SDカードやシガーソケット電源が使えるリージョンフリー/CPRM対応の

サンコー、速暖10秒『電熱ヒーターライトジャケット』発表―価格・サイズ

サンコーは11月6日、襟と背中にヒーターを内蔵したライトジャケット「電

Broadcomがクアルコムを買収か、1000億ドル超えとも

Bloombergは米国時間11月4日、Broadcomがチップメーカ

『Airbibo 4ポートUSBハブ』開封レビュー、11/5までの2製品クーポンあり

アマゾンで自転車ホルダーからアウトドア製品まで販売しているAirbib

水ぶき対応『Airbibo フロアモップ』開封レビュー・感想、11/5までの2製品クーポンあり

アマゾンで自転車ホルダーからアウトドア製品まで販売しているAirbib

2日間限定クーポン、8時間再生のBluetoothイヤホン『EnacFire BT-515』開封レビュー

マグネットで吸着まとめて収納できる8時間再生のBluetoothイヤホ

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑