Apple、 iPhoneのバッテリー交換費用を3200円に値下げ

公開日: : Apple

Appleが古いiPhoneに対して予期しないシャットダウンを防ぐためにパフォーマンスが低下するよう施していたことが買い替えを促していると指摘された件について、誤解を解く説明とともにバッテリー交換費用の一時的な減額を明らかにしました。

Apple-news-20180106

スポンサーリンク

Apple、バッテリー交換費用を3200円に減額

今回の騒動は約1年前にリリースしたiOS 10.2.1アップデートで、iPhone 6シリーズとiPhone 6sシリーズ、iPhone SEに対して予期しないシャットダウンを防ぐ目的としてピーク負荷時の最大パフォーマンスを動的に変更できる設定が行われたことが始まりとなっています。

同アップデートにより、劣化したバッテリーを搭載したiPhoneで突然のシャットダウンが起きないよう、アプリの起動時間が通常より延びたり、その他パフォーマンスが低下するようになり、適用後は突然のシャットダウンが減ったという好意的なフィードバックがあったそうです。そのため、AppleはiOS 11.2においてiPhone 7シリーズにまで範囲を拡大、しかし今度はパフォーマンスの低下を伝える声が増えたようです。

そして、パフォーマンス低下は新機種への買い替えを促す措置ではないかという誤解が発生してしまったようで、今回は上記の説明を行いながら、信頼を取り戻すことを目指しiPhoneのバッテリー交換を期間限定で値下げするとしています。

バッテリー交換費用と対象機種

今回の期間限定値下げの対象となっているのはiPhone 6以降で、保証対象外となったiPhoneのバッテリー交換費用が通常8800円から5600円へと減額となる3200円になっています。

バッテリーの交換が必要とする条件については明記されておらず、詳細は近日中にapple.comにて明らかにするとしています。

Source:Apple

Appleの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

6.1インチiPhoneとする新たなレンダリング画像がリーク

2018年秋にリリースが期待されている6.1インチiPhone につい

Apple、無償のMacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムと対象モデルを発表

Appleが、特定のMacBookシリーズの一部モデルでキーボードに問

iPhone/iPadはキーボードから手書き入力が主体に!? Appleがリアルタイム手書き認識の特許

Appleのリアルタイム手書き認識に関する特許が米国時間6月21日に公

AirPowerの発売日は9月に延期か、iPhoneの完全ワイヤレス化へ

当初2018年6月にリリースすると期待されていたAirPowerの発売

次期iPhoneシリーズ3モデルとする保護フィルムがリーク、ベゼル幅に違い

Appleが2018年秋にリリースすると予想されている次期iPhone

iPhone SE 2の年内発売は中止か、Forbes報じる/7月~9月の説も

Appleが6月にも発表すると期待されていた『iPhone SE 2』

iPhone 3GSが韓国で発売!!9年前のスマートフォン・価格

Appleが9年前に発売した「iPhone 3GS」を韓国MVNOが販

2019年のiPhone/iPadおよび関連機器はUSB Type-C採用か、Lightning廃止とも

2019年のiPhoneおよびiPadで現行のLightningを廃止

次期iPhone X(6.5インチ/6.1インチ)の図面がリーク、現行モデルとサイズ比較

次期iPhone(6.5インチ/6.1インチ)2機種の図面がリークされ

watchOS 5発表、Apple Watchにトランシーバー機能やPodcast視聴が追加

Appleは米国時間6月4日、WWDC18においてwatchOS 5を

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑