FireタブレットはLinuxデスクトップ環境とFire OSでの運用が良い話。

公開日: : 最終更新日:2022/05/15 Amazon Kindle , ,

昨日届いたFire HD 10 Plusで何ができるのかを調査して、多くのユーザーが簡単かつ長く楽しめる方法を文字通り1日かけて試した。そこへ加えてYouTube用に動画撮影を行ったりしているうち、翌日の午前6時になってしまい動画も公開できなかった。

しかし、それなりに収穫があったのでブログにて少しだけ報告したい。

Fireタブレットはデスクトップ環境とFire OSで。

Mac端末とFireタブレットの関係。

1つめの収穫はMacの話。

Nexus 7と比較していた9年前にKindle Fire タブレットでGoogle Playをインストールする方法というカスタマイズ記事を書いたが、当時はWindows環境だった。

あれから2022年5月となり、今では完全にmacOS環境になっていて何とかMacでもカスタマイズできないかも模索した。

その結果、Fireタブレットとのファイル転送に成功。そのために必要なアプリや接続方法なども今後シェアしていきたい。

Google Playのない世界へ。

2つめはGoogle Playをインストールしないという選択。

Fire OSのアップデートでGoogle Playやホームアプリは定期的にdisableされてしまうが、そもそもGoogle Playをインストールしなくても良い世界線はないのか調べたところ、多くのユーザーが満足できるであろう設定はGoogle Playがなくても行えることがわかった。

それもシェアしていきたい。

UbuntuなどLinuxデスクトップ環境での運用へ

3つめは過去にも試したLinux環境が使いやすいかもしれないという話。

Nova LauncherなどはFireランチャーへと定期的に上書きされてしまいホーム画面が残念という声は9年前から変わっていないようだ。かといって、root取得に近い手法を見つけたとしても次のアップデートで塞がれてしまう。

それならば、そもそもLinuxのGUI環境で好きなことをして、プライムビデオやNetflixを楽しみたい時にホームボタンを押してFire OSに還れば良いのではないかという結論に至った。

もちろん寝ていないナチュラルハイな状態なので、あとで見返したら耳が赤くなるようなことを書いているのかもしれない。

しかし、次のような状態になってから楽しくなってしまったのだ。

  (図1)Fire HD 10 PlusでLinuxを起動しているところ。

このLinxue化する手法は昔から存在するもので目新しいものではない。しかし、RAM4GBを搭載した10.1型1920×1200「ミニPC」としての可能性にばかり気を取られてしまう。

なんといっても、いつでも格安のAndroidタブレットに戻り、プライムビデオやNetflixをドルビーサウンドで楽しめるのだ。

つまり2つのOSを同時起動しているような状態、なんて贅沢な環境だろう。

海外フォーラムではFireタブレットではないが、ほぼ同じような環境でApachやPHP等を動かしてウェブサーバーとして使っているという報告もある。これならWordpressのテスト環境としても使えるはず。

アマゾンは販促用のFireタブレットでGoogle Playによる通常のAndroid端末のような挙動を避けることに注力しているので、斜め横のLinux化は防ぎようがないだろう。

他にもFire HD 10 Plusを購入しようと思ったきっかけとなる試したいこともあるので順次動画とブログを連動させてシェアしていきたい。

(追記)Linux化しました。

関連記事
Fire HD 10 Plusが単独セール開始、過去最安と価格比較

続き→Fireタブレットで最初に行う設定(2022年5月版)
前回→Fire HD 10 Plusを注文、欲しい理由。

よく一緒に閲覧される記事

Amazon Echoシリーズが最大45%OFFに、初購入なら追加1000円OFFも(8/21まで)

アマゾンジャパンは8月21日までの期間限定でEchoシリーズ

Fire TVシリーズ3機種が最大40%OFFに、夏休みセール開催中(過去の値下げ価格と比較)

アマゾンジャパンは8月6日、夏休みSALEとして人気のストリ

今年2回目のプライムデー開催か、名称は「Prime Fall」とも

INSIDERは米国時間7月27日、Amazonが会員向けの

→もっと見る

PAGE TOP ↑