Androidアプリのマルチウィンドウ対応10.6型『Cube i10 Remix』のスペックと価格

公開日: : CUBE

 中国メーカーCUBEからAndroid OSベースでマルチウィンドウに対応した「Remix OS」を採用した10.6型タブレット『Cube i10 Remix』がリリースされることがわかりました。―価格は699元(約1.33万円)。

cube-i10-remix_01

『Cube i10 Remix』のスペックと価格

 Cubeは過去に11.6インチの「Cube i7 Remix」をリリースしていますが、今回は10.6インチとSurface 3のようなサイズ感となる『Cube i10 Remix』を投入するようです。

 『Cube i10』シリーズではWindows 8.1とAndroid 4.4.4 Kitkatをプリインストールしたデュアルブート対応『CUBE i10 双系統版』がリリースされています。

cube-i10-remix_02

主な仕様・スペック

 『Cube i10 Remix』は画面サイズ10.6インチ(解像度1,366x768/アス比16:9)IPS液晶、CPUにIntel Atom Z3735プロセッサ、RAM 2GB、内部ストレージ32GB+MicroSDカード最大32GB対応、キーボードカバーに対応。

 インターフェイスはフルサイズUSBx1基、MicroUSBx1基、Mini HDMI、ヘッドホンジャック、電源ポート、キーボード接続端子。

 通信はWi-Fi 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0。

 カメラは前面30万画素、背面200万画素。

 バッテリー容量は6,600mAhで本体サイズは281.2x176x9.85mm、重量が580g。

 CUBEのRemixi OS搭載タブレット「Cube i7 Remix」は次の記事より確認できます。

CUBE、Remix OS搭載11.6型Core Mタブレット『Cube i7 REMIX』を発表

 「Cube i7 Remix」のハンズオン動画は次の記事にて確認できます。

マルチウィンドウ対応のAndroidベースOS搭載『CUBE i7 Remix』のハンズオンレビューが公開される―Antutuスコア

Source:imp3

よく一緒に閲覧される記事

Alldocube iPlay 20の開封レビュー、技適あり/RAM4GBの格安タブ

先日から出荷が開始されたばかりのCUBE(現AllDoCube)の

RAM4GB/10.1型が12,805円に、初の値下げ特価(GPS/SIMフリー)

2020年7月27日に出荷予定として予約セールを実施していたRAM

ついに格安タブがRAM6GB/128GBに、SIMフリー10.1型が16,367円で登場

格安タブレットといえば中国メーカーというイメージもアマゾンのFir

→もっと見る

PAGE TOP ↑