iFixit、『iPhone6s』を分解して公開―やはりバッテリー容量は減少

公開日: : Apple

 iFixitが発売されたばかりの『iPhone 6s』を分解、内部パーツを公開しています。

ifixit-iphone6s

iFixitが『iPhone 6s』を分解

 iPhone 6sの分解で注目されたのはバッテリー容量、iPhone 6が1,810mAhであったのに対してiPhone 6sは1,715mAhまで少なくなっています。

ifixit-iphone6s.1

 しかし、Appleの公式スペック表に書いてあるバッテリー駆動時間は2機種とも同じとされています。

 他のパーツを見てみるとメモリはSamsung製2GB、ストレージ(16GB)は東芝製とのこと。

ifixit-iphone6s.2

 同時発表された『iPad mini 4』の分解でもバッテリー容量の減少が確認されています。

iFixitが『iPad mini 4』分解レポート公開、バッテリー容量は減少

 iFixitの記事では新たに搭載された「Taptic Engine」が動作する動画を公開しています。

Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchも値下げ、ビックカメラ.com限定セール開催中

ビックカメラ直営のオンラインストア「ビックカメラ.com」にて限定オ

MFi認証のパススルー充電できる小型モバイルバッテリーが特価2010円に、Amazonタイムセール

AppleのMFi認証済みでケーブルレス、ポケットに入る小さくて92

RORRY 3in1ワイヤレス充電器が特価2871円に(数量限定)

2023年1月9日に4589円で購入した「RORRY 3in1ワイヤ

→もっと見る

PAGE TOP ↑