TAG Heuer、RAM1GB+Intel搭載スマートウォッチ『Connected』発表―スペック表・価格、Android Wear

公開日: : スマートウォッチ ,

 TAG Heuerは現地時間11月9日、Android Wear搭載スマートウォッチでは初となるRAM1GBとIntelプロセッサを内蔵した『Connected』を発表しました。スペック表を記録します。

スクリーンショット 2015-11-10 10.39.38

TAG Heuer Connectedのスペックと価格

 スイスの高級腕時計メーカー”TAG Heuer”がAndroid Wear搭載スマートウォッチ『Connected』を正式に発表しました。

 『TAG Heuer Connected』は円形ディスプレイで1.5インチ(360x360)のLTPS LCDディスプレイを備えたケース直径46mmのチタン製スマートウォッチでAndroid 4.3以降、iOS 8.2以降を搭載したデバイスに対応しています。

主な仕様・スペック

 タブクル調べ
 tabkul.com
TAG Heuer Connected
ディスプレイ 円形1.5インチ
解像度 360×360/240ppi
防塵防水 IP67
CPU(コア数) Intel 500mHz-1.6GHzデュアルコアプロセッサ
RAM 1GB
ストレージ 4GB eMMC
Bluetooth Bluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 b/g/n
SIMカード
NFC
GPS
9軸センサー ジャイロ,加速度
心拍計
気圧計
環境光
サイズ 46 x 12.8 mm
重さ 53g/29g
時計バンド 不明
バッテリー 410mAh
充電方法 MicroUSB
発売時期/価格 $1500/16.5万円

 

TAG Heuer Connectedの特徴

 心拍計や気圧計といったセンサーが搭載されていないことから海外メディアから”特徴がない”という評価も受けていますが、Wi-Fi b/g/nと”n”規格(2.4HGz)に対応し、RAM 1GBと他社製品のRAM 512MBに比べ2倍へ増量しているほか、QualcommではなくIntelチップを搭載するなど横並びだったAndroid Wearスマートウォッチから1つ抜き出たスペックとなっています。

 バッテリー容量はLG Watch UrbaneやLG G Watch Rと同じ410mAhを内蔵し通常使用で25時間駆動、防塵防水性能はIP67。

 側面にマイクロフォンが配置され音声によるテキスト入力が行えるようになっています。

 背面には充電端子が設けられていることからSony製SmartWatch 3とは異なりMicroUSBを直接差し込むタイプではないことが判明しました。

 『TAG Heuer Connected』のオンラインストアにおける販売価格は165,000JPYとなっており、海外では1500ドル、ブレスレットのカラーバリエーションは7色展開ですがオンラインストアで購入できるのはブラックのみで、他の色はオプション扱いとなり実店舗で買い求める必要があります。

android-wear-introducing-tag-heuer.1

Source:TAG Heuer ConnectedGoogle

よく一緒に閲覧される記事

腕につけるスマホ『Nubia Alpha smartwatch』発表・動画

Nubiaがスマートフォン並の大画面を備えたスマートウォッチ『nubi

3,980円で心拍計に防水IP68搭載『iCleverスマートウォッチ』発表、発売記念で更に15%OFFに

コレは実用的!購入を検討中です。 サウザンドショアスは11月22日、

Apple WatchをiPod化!? 「The Pod Case」のコンセプト画像

Apple Watchの本体を取り出して専用ケースに入れるとiPod風

→もっと見る

PAGE TOP ↑