筆圧感知/2in1/RAM4GBな10.1型Win10タブレット『CUBE iwork10旗舰版』発表、スペック・価格

公開日: : CUBE

 中国メーカーCubeより256段階の筆圧感知と着脱式キーボードに対応した10.1型Windows 10タブレット『cube iwork10旗舰版』が発表されました。

Cube-iWork10-01

『cube iwork10旗舰版』のスペック・価格

 『cube iwork10旗舰版』は旧モデル「U100GT」のIntel Bay TrailからCherry Trailとなり、RAMとROMが2倍の4GB/64GBと実用的な仕様になっています。

Cube-iWork10-05

主な仕様・スペック

 タブクル調べ
 tabkul.com
Cube iwork10旗
OS Windows 10
CPU Intel Atom x5-Z8300プロセッサ
1.44GHz~1.84GHzクアッドコア
RAM 4GB
ストレージ 64GB eMMC
SDカード microSDカード最大64GB
液晶 10.1インチ IPS液晶
解像度 1,920x1,200 (16:10)
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 200万画素
Wi-Fi 802.11 b/g/n
GPS 非掲載
Bluetooth Bluetooth 4.0
USB MicroUSB
映像出力 MicroHDMI
サイズ 非掲載
重さ 非掲載
バッテリー 7500mAH
価格 999元

 

特徴

Cube-iWork10-06

 256段階の筆圧感知と、角度調整と前背面の設置をサポートするキーボードに対応し6つのスタイルを利用できるタブレットとして紹介されています。

 海外メディアによるとペンとキーボードは別売りのようで価格は不明です。

 中国メーカーの2in1タブレットではキーボードがスタンド機構を持たない場合が多いので別売りだったとしても貴重な製品となりそうです。

実用的なスペック

Cube-iWork10-02

 2万円以下でCherry Trail+RAM 4GB+ROM64GBという充実のスペックが手に入ります。

 10.1インチと何とか持ち運べるサイズに1,920x1,200(アス比16:10)という動画視聴などに適した解像度など小回りが効きそうなタブレットだと思いました。

ペンを拡大

Cube-iWork10-07

 スタイラスペンを拡大している画像がありました。

 単6電池が入りそうな太さで、なんとなくボタンがあるようにも見えますね。

インターフェイス

 MicroHDMI出力をサポートしているほか、MicroUSBポートがあります。

Cube-iWork10-03

 USBは充電用とデータ転送用の2基が設けられているように見えますがフルサイズUSBにしては厚さが足りず、MicroUSBにしては横幅が広く、何とも判断ができません。

 別売りの着脱式キーボードにはフルサイズUSBが備えられており、一緒に映った画像を見る限り厚さが全く異なりました。

 また、底面にある穴は着脱式キーボードで角度調整を行うためのフックと思われます。

Cube-iWork10-04

 背面にも200万画素カメラが配置されています。

 

価格・カラーバリエーション

 『CUBE iwork10旗舰版』は999元(約1.91万円)で予約受付を開始しています。

 カラーバリエーションはブルーブラックの1色展開。

 Cubeは11月26日、Skylake世代Core Mプロセッサを搭載する『Cube i9』を発表しているほか、ワコムペン対応の『Cube iWork11 手写版』をリリースしています。

Source:CUBE

よく一緒に閲覧される記事

10.5型ALLDOCUBE Xのキャンペーン開始、価格が明らかに

ALLDOCUBE(旧CUBE/酷比魔方)はニューヨークにおいて現地時

10.5型ALLDOCUBE Xは8/8にINDIEGOGO開始、Galaxy Tab S4ライバル機のスペック・価格

ALLDOCUBE(旧CUBE/酷比魔方)のフラッグシップ・タブレット

8.9型2560×1600解像度『CUBE freer X9』が発売記念セール価格18957円に、RAM4GBなどスペック #GearBest

日本配送をサポートする海外通販サイトGearBestにて10月5日まで

→もっと見る

PAGE TOP ↑