MicrosoftタブレットPC 「Surface」 32GB版の空き容量は16GB、、、で訴訟

公開日: : 最終更新日:2013/01/27 Microsoft Surface ,

マイクロソフト謹製のタブレット「Surface」が訴えられました。

ディスク容量32GBのうち 16GB を OS とプリインストールソフトウェアが占めており

消費者が利用可能なストレージが 16GB しかない、虚偽広告にあたると主張しています。

surface-storage-01

「Surface」 32GB版の空き容量は16GBで訴訟に

Microsoft を訴えたのはカリフォルニアの弁護士で損害賠償を求めているわけではなく

感謝祭などアメリカの年末商戦シーズンを迎える消費者の保護を目的として

Microsoft Surface がストレージ容量を消費者に正しく伝えていないことを周知したいとのこと

。。。

マイクロソフトからすれば、OSとアプリは消費者が使えるストレージ領域だから

32GBという表記は問題ないという考えだと思いますが

16GBしかユーザー領域がないのは残念ですね。

従来のデスクトップ形式も抱えている状態が理由だと思われます。

完全なタブレットOSに移行することができたなら

その時、はじめてWindowsOSのスリム化が完了しそうです。

追記、、、Surface Pro の空き容量が判明しました。

「Surface Pro」の128GBモデルは、空き容量 83GBだと判明

Source : THE Verge

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑