激安SIMカード『0SIM by So-net』のスピードテスト3アプリ結果―PING/通信速度比較/通信量

 毎月499MBまでなら0円という激安SIMカード『0SIM by So-net』のスピードテスト3アプリで試した結果を記録します。

0SIM_by_So-net_2845

『0SIM by So-net』のスピードテスト3アプリ通信速度比較

 ソネットの格安SIMカード『0SIM』は手持ちの「Nexus 6」に挿入して使いました。

 APN設定や開通手続きは前回の記事に記録しています。

No.1:ドコモスピードテスト

 はじめはドコモスピードテストで計測しました。

0sim-speedtest-docomo-01

 ダウンロード/アップロードともに快適と言えるスピードが出ています。

No.2:RBB TODAY SPEED TEST

 続いてRBB TODAY SPEED TESTで計測します。

0sim-speedtest-2015-12-26-21-00-49

 RBB TODAY SPEED TESTではドコモスピードテストと大きく変わらない結果ですが、PING 35msと早いのが印象的です。

No.3:SPEEDCHECKER

 最後はSPEEDCHECKERです。

0sim-speedtest-2015-12-26-20-57-52

 SPEEDCHECKERではPINGが遅くなりましたが、ダウンロードは最も早い11.21Mbpsを叩き出しました。しかし、アップロードは最も遅い結果となりました。

スピードテストアプリの通信量

 それでは3つのスピードテストアプリを実行したことにより発生した通信量を確認します。

0sim-speedtest-2015-12-26-21-01-19

 ドコモスピードテストが最も多い18.63MB、3つのアプリでは43.21MB消費したことになります。

 月間499MBまで無料なので年末まで数日で455.79MBを超えて使わなければ0円で利用可能、とても素晴らしいプラン/格安SIMカードだと思います。

デジモノステーション 2016年02月号のアマゾン価格

デジモノステーション 2016年02月号

デジモノステーション 2016年02月号
エムオン・エンタテインメント (著)

紙の本の価格:620円

価格: 620円

レビュー9件(2015/12/26現在)



 

 最新の0SIM記事を含む『So-net』記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

格安SIMの人気ランキング調査結果2019年9月版が発表、データ専用SIMの上位5社など明らかに

MMD研究所は9月18日、MVNOに関する内容について、15歳~6

格安SIMの新料金プランを比較、1位の楽天モバイル vs 2位のワイモバイル

格安SIMの中でも人気の楽天モバイルと、ソフトバンクのサブブランド

mineo、速度制限で月450円を減額する『エココース』提供開始・比較動画

オプテージは9月2日、モバイル通信サービス「mineo」において混

→もっと見る

PAGE TOP ↑