東芝が大容量1TBのM.2 SSDを製品化、サンプル出荷を開始

公開日: : 周辺機器 ,

 東芝は2月17日、15nmプロセスの3ビット/セル(TLC)のNAND型フラッシュメモリを搭載し最大1024GBの大容量モデルを含めたクライアント向けSSD「SG5シリーズ」を製品化、サンプル出荷を開始したと発表しました。

cSSD_SG5_1

東芝が大容量1TBのM.2 SSDを出荷開始

 「SG5」シリーズは2.5型とM.2 2280(片面、両面)のフォームファクタを揃え、NANDタイプはTLC、接続インターフェースはSATAを採用しています。2.5型 7.0 mm厚ケースでは最大1024GB(1TB)を実現しています。

 また、新製品では同社独自の誤り訂正技術「QSBC」(Quadruple Swing-By Code)を採用、複数のエラー訂正回路で、SSD内部で発生するさまざまなエラーに適切に対処することで効率的でより精度の高い処理を実現するとしています。

cSSD_SG5_2

 同社は今後もSSDのラインアップを強化してSSD市場をけん引するとしています。

Source:東芝

よく一緒に閲覧される記事

Nintendo SwitchやMacBook、Surfaceで使えるLepow製モバイルモニターを試す、製品レビュー・感想

プライム対応で19680円という値段ながら227件ものレビューが投

初回500個は3000円OFFに、『Anker Soundcore Liberty 2 Pro』発売・特徴・価格

Anker Japanは10月25日、同社の独自技術を搭載した完全

2日間限り3000円OFF、FHD撮影/LED信号/WDR搭載AUKEYドライブレコーダー『DR01』にクーポン

AUKEYより全国のLED信号機に対応したフルHDで撮影できるドライブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑