『Raspberry Pi 3』がFCC通過、新たにWi-Fi/Bluetoothを標準サポート

公開日: : 最終更新日:2016/02/29 周辺機器

 小型PCを自作できるRaspberry Pi(ラズベリーパイ)の最新モデル『Raspberry Pi 3』がFCCを通過、新たに無線LANとBluetoothを標準サポートしていることがわかりました。

raspberry_pi3_top

『Raspberry Pi 3』がFCC通過

 『Raspberry Pi 3』は米国時間2月26日付けでFCCを通過、基板に書かれた名称は「Raspberry Pi 3 Model B」となっており、基本設計は前モデルと変わらず、新たに無線LANとBluetoothをサポートしているのが特徴です。しかし、Wi-Fiは2.4GHzだけをサポートしているようで5GHzは未対応、Wi-Fi 802.11 b/g/nとなるようです。

raspberry_pi3_bottom

インターフェイスについて

 FCCの資料から判断するとHDMIと有線LAN、USBポートx4基、MicroSDカードリーダー、40pinコネクタが搭載されると思われます。

価格

 『Raspberry Pi 3』の価格は最大で35ドルという設定であったことから無線LANとBlueoothに対応したとしても同価格帯に収まるのではないかと期待されています。

 2月25日にピクセラがRaspberry Piでも動作するLTE対応USBドングルを発表しています。→ピクセラ、ルーターにもなるLTE対応USBドングル『PIX-MT100』発表―対応周波数・価格・発売日

Source:ycombinator

追記:2016/02/29

 ついに発売されました。技適は取得中とのこと。

 Raspberry Pi 3 Model B発売、技適は取得中―価格・スペック

よく一緒に閲覧される記事

ゲオのモバイルQI充電器「SGBD-MCB02」購入レビュー

先日ゲオで注文したワイヤレスチャージャーマルチケーブルボックス「SGB

モバイルQi充電器「SGBD-MCB02」を注文、類似商品との違い

ここのところQi充電が再燃していて、モバイル用のApple Watch

Nintendo Switchを11.6インチに大画面化、「ORION」とは

6.2インチのNintendo Switchは画面が小さいと大画面にす

→もっと見る

PAGE TOP ↑