9.7インチ版『iPad Pro』、1,200万画素カメラで4K動画撮影に対応か

公開日: : Apple , ,

 Appleの次期9.7型「iPad」シリーズについて、背面1,200万画素カメラを備え4K動画の撮影に対応する可能性を海外メディアが伝えています。

ipads

9.7インチ版『iPad Pro』の試作機から一部スペック情報

 9TO5Macは内部向けの試作機についての情報として9.7インチ版『iPad Pro』には背面1,200万画素のiSightカメラが搭載され4K動画の撮影をサポート、前面はFace Time HDカメラになるだろうと伝えました。また、前面カメラについてはiPad Air 2と同じ800万画素が採用される可能性があるとしています。

 すでにリークされていますが、同メディアでも手書き入力「Apple Pencil」やキーボード用のSmart Connector、スピーカーx4基、A9Xチップといった12.9インチ版「iPad Pro」と同じ仕様になるだろうという情報を伝えています。キーボード「Smart Keyboard」に関しては9.7インチに最適化されたバージョンをAppleが準備しているとのこと。

 Appleが3月21日にイベントを開催し、4型「iPhone SE」と9.7インチ版「iPad Pro」と新しいApple Watch Bandsを発表することが期待されています。またビックカメラでは3月21日までの期間限定でApple Watchの8,000円OFFセールを実施しています。ポイント還元にも対応。

 前回の話
 Appleの次期9.7型、iPad Proブランドでリリースか―手書き入力&キーボード対応とも

 最新のiPad Pro記事一覧

Source:9to5Mac

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12シリーズ3機種(ダミー)のハンズオン動画が登場

2020年秋にリリース予定の次期iPhoneシリーズについて、5.

Apple、折り畳みiPhone/iPad向けの特許を取得

Appleが折りたたみ式デバイスに関する特許取得を行っている事は、

iPhone 12のサイズ、初代SEと7の中間か

Appleの次期iPhoneシリーズでiPhone miniとも呼ばれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑