Microsoft、2016年3月度セキュリティ更新プログラム(Windows Update)配信―全13件

 Microsoftは日本時間3月9日、毎月更新しているセキュリティ更新プログラムの配信を開始しました。3月度は合計13件の配信になるとしています。

ms-scurity-patch

2016年3月度セキュリティ更新プログラム(Windows Update)

 今月は緊急 5 件、重要 8 件の合計13件となっており、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たにWin32/Fynloski, および Win32/Vonteera対する定義ファイルが追加されています。

 深刻度”緊急”にはInternet ExplorerとMicrosoft Edgeの、Windows Media/PDFライブラリの脆弱性について修正が行われています。

 同社は”できるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用”するよう案内しています。

 新しいセキュリティ情報13件について詳細は下記リンクより確認できます。

Source:TechNet

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10 最新ビルド18970発表、2in1タブレットの操作性が向上

Microsoftは米国時間8月29日、Windows Insid

2019年4月度:Windows向けウィルス対策ソフトのランキング、MSがトップ評価に

ドイツのセキュリティ専門会社AV-TESTが2019年4月度のWi

5分でLumiaスマホにWindows 10導入、Lumia 950 XL向けROMリリース

Windows 10がARMプロセッサでも動作するようになり、そこへ終

→もっと見る

PAGE TOP ↑