Microsoft、2016年3月度セキュリティ更新プログラム(Windows Update)配信―全13件

 Microsoftは日本時間3月9日、毎月更新しているセキュリティ更新プログラムの配信を開始しました。3月度は合計13件の配信になるとしています。

ms-scurity-patch

2016年3月度セキュリティ更新プログラム(Windows Update)

 今月は緊急 5 件、重要 8 件の合計13件となっており、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たにWin32/Fynloski, および Win32/Vonteera対する定義ファイルが追加されています。

 深刻度”緊急”にはInternet ExplorerとMicrosoft Edgeの、Windows Media/PDFライブラリの脆弱性について修正が行われています。

 同社は”できるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用”するよう案内しています。

 新しいセキュリティ情報13件について詳細は下記リンクより確認できます。

Source:TechNet

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑