@Nifty Wimax「WMX-GWMR-03」で接続トラブルの巻

公開日: : 最終更新日:2012/08/09 Wimax , , , , ,

前回の続きです。

「WMX-GWMR-03」のハードウェアセッティングが完了した状態ですが

まだWimaxの設定をしていません。

TryWimaxと同じようにSSIDを探してKeyを入力すれば終わりと思い込んだのが始まりです。

そして、Novo7 AuroraのOperaMiniで設定をしようとしたのが運の尽きですね

@Nifty Wimaxの接続設定の記録です。

DHCPでルーターからIPアドレスの割り当て

  1. ルーターに電源を入れます。
  2. PCまたはタブレットなどのWi-Fi設定でSSIDを探します。
  3. Passを聞かれるのでバッテリーの裏面(前回の記事参照)にある「Key」を入力します。
  4. ルーターからDHCPでIPアドレス(192.168.0.2等)が割り当てられます。
  5. ブラウザから「192.168.0.1」へアクセスします。

☆この時、固定IPアドレスに設定しているとつながらないのでDHCPにしておくと良いとおもいます。

ルーターへ接続しWimaxの「契約をする」ボタンを押す

変な話ですが、ルーターで「契約する」ボタンを押さないとWimaxに接続できません。

すでに契約してあるのはずですが不思議な話です。

Wimax端末「WMX-GWMR-03」はUQや工場から発送されているのかも知れませんね

「WMX-GWMR-03」の管理画面が表示されたら左側にある「Wimax」をクリック

私は、この作業をNovo7 Auroraで行なってしまいました。。。

グレーのメニューで「契約情報」をクリックします。

そうすると「Wimaxサービスが未契約となっています。」と記述があるので

下のボタン「契約する」ボタンをクリックします。

☆このときにポップアップウィンドウを事前に許可しておかないと契約に失敗します。

私はNovo7 AuroraのOperaMiniで「契約する」をタップしたところ

ポップアップは出ないわ、契約するボタンは押せないわで30分ほど時間を使いました。

契約中の画面です。

このときは、コーヒーでも飲みに行くのがベストです。

ページを変更したり、F5とか押したりすると契約失敗になります。

何故か時間が長く感じます。

しばらく待つと、「Wimaxサービス契約済み」と表示されます。

もう安全です。

でも、ポップアップウィンドウが拒否したブラウザ(Chromeとか)で

この画面が出た場合、10分ほどで、再び接続できなくなります!

ポップアップウィンドウに「Niftyうんぬん」というページが表示されると

契約成立という仕組みのようです。

@Nifty Wimax「WMX-GWMR-03」で接続トラブル回避方法

  1. ポップアップウィンドウを許可しておく(許可しますか?とか聞かれて「はい」と答えるとブラウザがリロードされ契約失敗になりました。ので事前に許可しておくことが重要です。)
  2. 「契約する」ボタンを押してもNifty画面がポップアップで表示されないと契約失敗になりました。
  3. 「契約中」のときは、「WMX-GWMR-03」の管理画面が自動リロードを何度もしてきますが焦らずに耐えしのぐこと、通常リロードされたら入力フォームのデータは送信済みかと思いますが「WMX-GWMR-03」の管理画面ではリロードしたからといってデータが送信されたわけではありません。耐えるのです。
  4. 誰もやらないと思いますが、タブレットで操作しないこと。。。

そんなこんなでNifty Wimaxへ接続することができました。

さて、最後は一番の楽しみであるスピードテストです。

@Nifty Wimax「WMX-GWMR-03」の第三弾は

スピードテスト!NTTフレッツ光 VS @Nifty Wimaxです。

果たして月約2400円の格安Wimaxは

NTT光(月約6000円)に勝てるのか楽しみです。

よく一緒に閲覧される記事

Try UQ mobile、貸出機種に『Galaxy A30』を追加

UQコミュニケーションズは6月14日、au回線を使ったモバイル通信サー

WiMAX L01sで月間7GB超過後のスピードテスト結果、制限前後を比較

TryWiMAXで試用中のWiMAX L01sに上限として設定され

WiMAXホームルーターを携帯仕様に、DC変換USBケーブル購入レビュー「モバイルバッテリーで使えるか」

WiMAXのホームルーター型が屋内外ともに素晴らしい受信感度であっ

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑