人工知能スピーカー『Google Home(グーグル・ホーム)』発表、スマートホームを実現へ

 Googleは米国時間5月18日、Google I/Oにおいて人工知能Google Assistantを採用したスピーカー『Google Homeグーグル・ホーム)』を発表しました。発売日は2016年後半を予定しており価格は未発表。

Google-Home.1

Google Assistant採用スピーカー『Google Home(グーグル・ホーム)』発表

 『Google Homeグーグル・ホーム)』は同日に発表された人工知能Bot「Google Assistant」を採用した初めてのスマート家電となります。「Google Assistant」はバーチャルアシスタントとして今後もGoogle Autoを搭載した自律運転自動車にも搭載される予定です。

『Google Home(グーグル・ホーム)』で出来る事

Google-Home.2

 『Google Homeグーグル・ホーム)』はアロマライトのようなデザインでユーザーの声を拾うマイクを内蔵、Googleアカウントを経由してGoogle Nowや検索履歴など膨大なデータから質問への回答を行う事ができるため、競合となるAmazon Echoよりも広範囲におよぶ質問に答えることができるとしています。

朝起きた時に・・・

 例として朝起きた時にコーヒーを淹れながら「OK, Google、朝のプレイリストを再生して」と『Google Homeグーグル・ホーム)』に話しかけると爽やかな音楽が流れはじめます。続いて「全ての部屋で再生して」と話しかけるとネットワーク対応スピーカーが操作されて子ども部屋でも音楽が再生されます。

 その他、今日のスケジュールを確認したり、部屋の電源をつけたり、友人にメッセージを送信したりなどネットワークに接続できるスマート家電が増えるだけ出来る事が増えるような内容となっていました。

今後の展開

 今後は『Google Homeグーグル・ホーム)』の心臓部である「Google Assistant」のAPIが公開されることで様々なサービスが連携できるようになります。

 同製品は2016年内に発売される予定ですが、具体的な発売日や価格は明らかにされていません。しかし競合製品となるAmazon Echoが179.99ドル(約1.98万円)に合わせた値段になると思われます。

 前回の話
 人工知能Bot『Google Assistant』発表、他社サービスを横断できるパーソナルアシスタント

 Google I/O記事一覧

Source:Google Home

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑