ドスパラ、1.78万円の8型『Diginnos DG-D08IW2』発表 – スペックほか

 サードウェーブデジノスは5月20日、インテルのCherry Trail世代クアッドコアCPUを搭載した8インチ『Diginnos DG-D08IW2』を発表しました。価格は17800円+税で”2日で出荷”としています。

Diginnos_DG-D08IW2_1

ドスパラ8型『Diginnos DG-D08IW2』のスペック

 『Diginnos DG-D08IW2』はプロセッサにCherry Trail世代の「Intel Atom x5 Z8300」を採用、同クラス最大の2GBメモリと4コアCPUの並列処理能力で、Windows10を快適に利用できるとしています。内部ストレージは32GB eMMCを搭載。

Diginnos_DG-D08IW2_3

 インターフェイスは給電兼用のMicroUSBx1基、映像出力が可能なmicroHDMIx1基、ヘッドフォン出力x1基、MicroSDカードスロット(SDXC対応)のほか、両面とも200万画素のカメラを搭載しています。

Wi-Fiは802.11ac対応

 通信ではIEEE802.11acに対応し最大433Mbps(理論値)の高速転送が可能、Bluetooth 4.0をサポートしています。

Diginnos_DG-D08IW2_2

 センサーは加速度、GPSに対応。

本体サイズと重量、バッテリー

 本体サイズは約214(幅) x 128(奥行き) x 9.1(高さ)mm、重量は約376g。バッテリー駆動時間はJEITA2.0で約6時間としています。

キーボードについて

Diginnos_DG-D08IW2_4

 標準モデルでは別売りとなる「Bluetoothキーボード一体型保護ケース」はBluetooth 3.0に対応したワイヤレスタイプ。

 確かな入力感のパンタグラフ構造にタイプミスを軽減するアイソレーションキーを採用、フル充電で約50時間連続使用できる長持ちバッテリーを特徴としています。

 キーは日本語 59キー配列、キーピッチは約15mm、本体サイズは約226(幅)×162(奥行き)×2.0(高さ)mm、重さ約310g。MicroUSBケーブルで充電を行います。

価格

 『Diginnos DG-D08IW2』はタブレット単体の標準モデルが17800円+税、キーボードセットが20300円+税で、発売日は本日5月20日で”2日で出荷”としています。

Source:ドスパラ

よく一緒に閲覧される記事

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

小型ノートPC『OneMix 3S Platinum』でPCゲームは遊べるか、熱問題・ファン音など

ONE-NETBOOKが小さな筐体に筆圧感知やRAM16GBなどを

OneMix 3Sの排熱問題、ONE-NETBOOK提供の画像と解説で知る

前回のレビューで排熱の為なのか不明だがファンが回転するという話をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑