国内初ソフトバンク回線MVNOサービス『Hitスマホ』発表、料金プラン

 飛騨高山ケーブルネットワークは8月10日、SBパートナーズとの協業によりソフトバンクの移動通信ネットワークを活用したMVNOサービス『Hitスマホ(ヒットスマホ)』を2016年8月22日より提供開始すると発表しました。

softbank-news-160813.4

ソフトバンク回線MVNOサービス『Hitスマホ』発表

 飛騨高山ケーブルネットワークが提供を開始する『Hitスマホ』はNTTドコモでもKDDI auでもなく国内初となるソフトバンク回線を使用、月額1980円~(同社サービス利用者は月400円割引)利用できる格安スマホ・モバイル通信サービスとなっています。

 対象機種は富士通 arrows M03、FREETEL SAMURAI MIYABI(雅)、Priori3 LTE などSIMフリー端末が挙げられています。

料金プラン

softbank-news-160813

 基本使用料として3GB/5GB/10GBの3つが用意されています。同社の別サービス加入者であれば毎月400円引きで利用できる特典が強み。

 データ量を超過した際は通信速度が最大200kbpsに低速化、追加データ(200円/100MB)購入することで通常速度を利用できるとしてます。

 初回は契約事務手数料として3,000円が別途必要、また、最低利用期間は12カ月、12カ月未満の解約には解約違約金10,000円がかかります。

通話料・通信量

softbank-news-160813.1

オプションサービス

softbank-news-160813.2

事務手数料

softbank-news-160813.3

 解約手数料なる2,000円の事務手数料がありました。解約時に必ず発生するように見えますね。

 Source:飛騨高山ケーブルネットワーク

よく一緒に閲覧される記事

PayPay、「100億円あげちゃうキャンペーン」を本日終了と発表

PayPayは12月13日21時、大きな話題となった「100億円あげち

ソフトバンクの携帯値下げ「9月に導入済み」、Y!mobileは2019年に値下げへ

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は11月5日、決算発表会において

ソフトバンクがPixel3、Pixel3 XLの価格(月月割)を発表、実質負担金・発売日

ソフトバンクは10月16日、Googleが先日発表した最新スマートフォ

→もっと見る

PAGE TOP ↑