CHUWI Hi10 Pro 製品レビュー、Windowsセットアップ編/空き領域・プリインストールアプリ他

公開日: : Chuwi ,

 中国メーカーChuwiのUSB Type-Cを搭載したRAM4GBのデュアルブート2in1タブレット『CHUWI Hi10 Pro』製品レビュー、今回はWindowsの初回セットアップ編としてプリインストールされたソフトウェアの確認やディスクの空き領域を記録します。

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6259

CHUWI Hi10 Pro 製品レビュー、Windowsセットアップ編

 前回は専用キーボードの開封レビューを行いました。フルサイズUSBx2基も搭載してトラックパッドやキータッチなど『CHUWI Hi10 Pro』をタブレットからネットブックに変化させてくれます。

 今回はデュアルOS構成の『CHUWI Hi10 Pro』でWindows OSを起動、初回セットアップを行い、空き領域やプリインストールアプリなどをレポートします。

Windows 初回セットアップ

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6228

 はじめは言語設定です。

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6229

 言語の一番下に「日本語」が用意されていました。中国メーカー製Windowsタブレットは初回セットアップ後にWindowsの設定画面から日本語をダウンロードするといった作業が必要でしたが、『CHUWI Hi10 Pro』は不要でした。

 これは地味ですが、日本語を別途ダウンロードしても一部が直らないなどの問題も発生するため、時間と手間がなくなる有り難い話です。

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6238

 先ほどの画面で”日本語”を選ぶと上図の選択項目が表示されます。特に設定を変える必要はないので「次へ」を選び先へ進みます。

ソフトウェアライセンスに同意

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6240

 ここではWindowsオペ―ションシステムの法的文書が表示されるので”同意する”で先へ進みました。

Wi-Fi設定

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6242

 無線LANルーターに接続するためのWi-Fi設定画面、今回はスキップしました。

Windowsの設定画面

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6243

 上図では”簡易設定を使う”で先に進む事も出来ますが、画面の左下にある”設定のカスタマイズ”で何が行われようとしているのか知っておくのもよいかもしれません。

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6245

 上図は”設定のカスタマイズ”画面、Microsoftやアプリ開発者などにデータを送信する設定がオンとなっているので心配な場合はオフにすると良いかも知れません。

PC用アカウントの作成

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6248

 次はローカルアカウントを作成する画面、ここで作成するユーザー名はCドライブのユーザーフォルダ名にもなるので日本語は避けた方が良いかもしれません。

再起動

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6250

 ここで再起動が行われ、しばらくの間 セットアップが行われます。

セットアップの終了

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6252

 セットアップ完了、デスクトップ画面に謎アプリや謎ショートカットもなくシンプルな印象です。

システム情報を見る

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-01

 OSはWindows 10 Home、モデル名は”Hi10 pro tablet”となっていました。RAM4GBは何度見ても頼もしく思います。ブラウジングで複数のタブを開いても多少は耐えてくれそうですね。

ローカルディスク(Cドライブ)を見る

 『CHUWI Hi10 Pro』は64GBディスクを搭載、Windowsでの空き領域は気になるところです。

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-03

  Windows全体の使用領域は41.1GB、そのうち使用領域は13.5GBで空き領域が27.5GBとなっていました。思った以上にWindows側へ割り当てられていますね。

プログラムフォルダを見る

 アプリ一覧を見ても中国系アプリの姿は見えません。念のためプログラムフォルダへアクセスしてプリインストールされたアプリはないか確認します。

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-04

 上図はx86(32ビット)のプログラムフォルダ、特に怪しそうなフォルダ名はなくシンプル。

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-05

 続いて64ビット、こちらもシンプルです。

 中国メーカー製品は外観が洗練されてきたと喜んでいましたが、ソフトウェア面でも驚かされました。日本メーカー製のほうがソフトウェアのプリインストール数は多いかも知れません。

Windowsの操作感

Chuwi-Hi-Pro-Review-Windows-IMG_6267

 専用キーボードドックを接続するとSDカードリーダーや外付けマウスを取り付ける際に再生される音楽が鳴ります。その後すぐトラックパッドやキー入力が行えるようになりました。

 ノートパソコンのように閉じると自動的にスリープモードへ移行、再び開けるとロック画面が表示されるといった感じでタブレット部を取り外さなければ小型ノートパソコンそのものです。

 キーボード側のフルサイズUSBにSDカードリーダーを取り付けたところ、遅延や何かしらのダイアログが表示される事もなく使えました。

 『CHUWI Hi10 Pro』をノートスタイルで閉じた状態のまま USB Type-Cによる充電を行いましたが、タブレット部が熱くなる事はありませんでした。また、10.1インチということもあってキーボード合体時も省スペースだなぁと感心しました。

 タブレット本体のレビュー記事へ
 →CHUWI Hi10 Pro 製品レビュー、USB Type-C/2in1タブレットの特徴と開封~感想

 専用キーボードのレビュー記事へ
 →CHUWI Hi10 Pro 製品レビュー、マグネット着脱キーボード開封~感想 編

タブレットとキーボードの価格

 記事投稿時点における『CHUWI Hi10 Pro』本体とキーボードの価格は次のようになっています。

 その他、GERABESTさんでは頻繁にセールを開催しています。
 →GEARBESTの記事一覧

 最新の製品レビュー一覧

よく一緒に閲覧される記事

今度は8型『CHUWI MiniBook』が最安宣言、メモリ8GBでCore M3モデル

先ほどGPDが強気のツイートでOneMIX 3に対して価格をけん制

CHUWI AeroBookが日本で発売、Core m3にメモリ8GBで価格55000円・スペック

CHUWIは5月16日、クラウドファンディングで成功を収めた13.

本命UMPCか、8型『Chuwi Minibook』が薄くなってカウントダウン開始

Chuwiと言えばコストパフォーマンスに優れたデバイスを提供するメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑