Android Wearスマートウォッチが決済サービスAndroid Pay対応へ

 Googleが提供するウェアラブル向けOS『Android Wear』が決済サービス「Android Pay」に対応する可能性が伝えられています。

android-pay-161121.1

Android WearスマートウォッチがAndroid Pay対応へ

 Android Police は4時間ほど前、「Google Play開発者サービス」 Ver10.0の解析調査からAndroid WearがAndroid Payを利用できるようになるコードが追加されていることを明らかにしました。

 コードにはNFCによる決済方法を示唆する内容が記されており、Apple WatchのようにスマートウォッチをかざしてAndroid Payによる電子決済が行えるようになると思われます。

 同メディアは最初にNFCを搭載したスマートウォッチをZenWatchとしていますが、記憶が正しければソニーのSmartWatch 3だったように思います。SmartWatch 3は2014年リリースのスマートウォッチでNFCだけでなくGPSを搭載した意欲的なデバイスでした。(当時のスマートウォッチ4機種スペック比較へ)

SmartWatch-3-SWR50

 →SmartWatch 3の購入レビューや関連ニュース記事一覧

 旧デバイスでAndroid Payをサポートすることは考えられないため、今後NFCを搭載したスマートウォッチがリリースされると思われます。その際、Apple WatchのようにFeliCaをサポートするのか注目です。

 Googleは最新スマートフォンPixelシリーズで日本発売を発表していませんが、電子決済で手数料を稼ぐなら通勤で大勢が電子決済を利用し、かつAndroidスマートフォンも普及している日本をターゲットにするのは良い選択肢、今後の展開が楽しみです。

 Source:Android Police

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchに画面内Touch ID搭載か、特許申請で明らかに

Appleが米国特許商標庁(USPTO)に申請した特許情報からAp

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑