Wi-Fi対応モバイルスキャナ「imageFORMULA DR-P208」は12月中旬発売予定、価格ほか

公開日: : 周辺機器

キャノンは、モバイルスキャナ「imageFORMULA DR-P208」を発表しました。

発売は12月中旬頃で、価格はオープンプライスで店頭予想価格は22,980円。

現在、Android と iOS 向けのアプリも公開されています。

DR-P208-01

Wi-Fi対応スキャナ「DR-P208」

DR-P208」は、サイズが幅312.5×奥行き55.5×高さ40mmと小型で

重量は約600gというモバイルスキャナーになっています。

バッテリーは搭載しておらず、USBバスパワーによる電源駆動が可能。

「DR-P208」の機能

  • A4サイズ原稿を最大10枚まで搭載できるADF(自動紙送り装置)を採用
  • カラー/モノクロとも毎分8枚(A4タテ片面、200dpi、USB接続時)
  • 原稿の表裏を同時に読み取る「1パス両面スキャン」対応
  • 自動原稿サイズ検知 機能
  • 白紙スキップ 機能

Wi-Fi接続の機能

DR-P208」本体ではWi-Fi機能を内蔵していないため

オプションのWi-Fiユニット「WU10」によりWi-Fiスキャンが可能となる

またスキャン画像を「Evernote」に送信することも出来るとのこと

Wi-FIユニット「WU10」は12,980円

DR-P208-02

編集後記

Wi-FiカードリーダーやWi-FiSDカードが増えていますが

今後、Wi-Fiスキャナというジャンルが確立されると面白いと思います。

そのためにも「DR-P208」は非常に重要なアイテムだと感じました。

以前登録したオンラインFAXサービスを記事にしましたが

外出先で相手先がFAX、メールでも対応可能ということになりますね。

コンビニのコピー機という手もありますが簡易スキャナの需要は多いと思います。

Wi-FiスキャナにAndroidとディスプレイを搭載したタブレットがあれば、、、

既に某国で開発されているかもしれませんね。

Source : DR-P208 , Google Play , iTunes

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑