GPD Pocket、ポケットに入る7型ノートパソコンは年内リリース予定/技適対応

公開日: : GPD

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

2016年にゲーミングタブレット「GPD WIN」が話題となったGPDから新たに7インチでポケットに入るサイズのノートパソコン「GPD Pocket」の計画が発表されました。

2017年2月よりクラウドファンディング「indiegogo」で出資者を募り、2017年後半にもリリースする計画となっています。

GPD-Pocket-01

GPD Pocketは2017年後半リリースへ

GPD Pocketはゲーミングタブレットとは異なり、コントローラー部を排除して前面にキーボードを配置したノートパソコンです。ThinkPadのようなトラックポイントと似たクリックパーツが確認できます。

GPD-Pocket-02

電源ボタンが右上に配置され、バックスペースキーが十字キーの横に並ぶなど小さいが故に特殊なキー配列となっています。

個人的にはトラックポイントをGキーとHキーの間くらいに移動して、電源キーを側面ボタンへ変更、バックスペースキーを一般的な場所へ戻すと良い感じに思います。

公式Facebookアカウントへ投稿された「GPD Pocket」のスペックは次のようになっています。

  • CPU:Intel Atom x7-8700
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:128GB
  • ディスプレイ:7インチ/ゴリラガラス3
  • バッテリー:7,000mAh

その他、掲載画像からUSB-A、USB-C、miniHDMI、3.5mmイヤホンジャックの存在が確認できます。

画面サイズ7インチですが狭額縁フレームを採用したことでポケットに入るサイズを実現、VAIO Pのような特徴が製品名になっています。

また、ブログ「とんきち録」さんの情報によると「GPD Pocket」は技適を取得した上で出荷されるとのことで、ミニPC好きの間で話題となりそうです。

「GPD Pocket」は2017年2月よりクラウドファンディング「indiegogo」で出資者を募り、2017年後半にもリリースする計画となっています。GPD WINの質感が良かったので今後の展開が楽しみです。

タブクルで掲載している「GPD WINレビュー記事一覧」と「GPD XDレビュー記事一覧」へ

Source:Facebookとんきち録

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑