Android 7.1版Chrome OSはマルチウィンドウ機能が強化

公開日: : Chrome OS

Googleが展開しているChrome OSについて、新たにAndroid 7.1 Nougatを統合しマルチウィンドウ機能が強化されたことがわかりました。

Screenshot-2017-01-09-at-11.26.36-AM-1-1024x576

Android 7.1版Chrome OSでマルチウィンドウ機能が強化

Chromebookなどで採用されていたバージョンではAndroid 6.0までとなっていましたが、新たに最新のAndroid 7.1 Nougatを統合、複数のAndroidアプリを動作させるマルチウィンドウ機能が強化されたようです。

Chrome Unboxedが投稿した内容によると、Android 7.1版では複数のアプリを好きなサイズで同時表示できるようになっています。これまでは二つのAndroidアプリを並べて表示させる事ができる画面分割モードでしたがリサイズなどに対応していませんでした。

また、最前列で表示させているアプリ以外もバックグラウンドで動作させることが可能となっており、動画を再生させながらブラウジングやメモを作成するといったことが行えるようになっています。

Source:chromeunboxed

よく一緒に閲覧される記事

ワコムペンがChromebookに今夏上陸、『Staedtler Noris digital』発表/対応デバイス

Googleとステッドラーは米国時間6月26日、ISTE2018におい

Chrome OSがAndroidアプリのマルチタスク対応へ、動画

Chrome OSは2017年になってAndroidアプリが使えるよう

Google、Androidアプリに対応するChrome OS端末リストを更新

Googleが展開している低価格ノートデバイス「Chromebook」

→もっと見る

PAGE TOP ↑