1.8万円なのにパワフル!Xiaomi Redmi 4のベンチマークテスト、Antutu/GeekBench/GFXBench

公開日: : Xiaomi , ,

Xiaomiのミッドレンジに位置するRedmiシリーズの最新モデル『Xiaomi Redmi 4』の製品レビュー、今回は各種ベンチマークアプリを走らせた結果とNexus 5やNexus 6Pなどスコアが近いデバイスを並べたランキング順位を記録したいと思います。

IMG_0569

Xiaomi Redmi 4のベンチマークテスト/スコア

『Xiaomi Redmi 4』はauガラケーSIM+ドコモMVNO格安SIMの2枚差しで通話とデータ通信ができた有り難いデュアルSIM端末、そしてRAM3GBとミッドレンジなのに2万円以下という格安なスマートフォンです。

→最新価格と在庫、出荷スケジュール、スペック・製品画像はXiaomi Redmi 4販売ページ

『Xiaomi Redmi 4』のベンチマークテストはAntutu、GeekBench、GFXBenchの3つを使って行いました。ミッドレンジとはいえ手を抜かない仕様のXiaomi、スコアが楽しみです。

黄色の数字がXiaomi Redmi 4のスコアです。

Antutuベンチマーク/Nexus 6Pと比較

Xiaomi-Redmi-4-Benchmark-Antutu-v6.2.7

Antutuスコアは「62,373」となりました。上図右にあるのはランキングで2015年9月30日に日本Googleストアで発売された「Nexus 6P」は「81,898」となっていました。同デバイスはストレージ32GBで74,800円という値段でした。『Xiaomi Redmi 4』の2万円以下という値段設定に改めて驚かされます。

GeekBench/Nexusシリーズと比較

Xiaomi-Redmi-4-Benchmark-Geekbench.1

はじめにGeekbenchを使ったCPU(上図左)とGPU(上図右)のスコアです。

シングルコアとGPUスコアのランキング

Xiaomi-Redmi-4-Benchmark-Geekbench.2

上図左はCPU(シングルコア)のランキングで『Xiaomi Redmi 4』は「827」、近いスコアを持つデバイスはNexus 5で「859」でした。それより下のスコアは表示できないので不明です。

上図右はGPUのスコア「2,483」、近いスコアは、、、なんとNexus 6Pの「2,628」でした。3台購入してもお釣りがある価格差にして近い性能なのは驚きです。また、グッと下がって「1,366」と半分ほどになりますがNexus 7もありました。

マルチコアのランキング

Xiaomi-Redmi-4-Benchmark-Geekbench.4

上図はマルチコアのスコアで、左側にあるNexus 5(1,764)とNexus 5X(2,162)よりも高い「2,854」というスコアであることがわかります。右側は近い性能のデバイスで「2,848」という数字のNexus 6Pを超えているの印象的です。

また興味深いのはXiaomiフラッグシップ・スマートフォンであるXiaomi Mi5は「3,721」というスコアを叩き出しています。現在はXiaomi Mi 5sがあり、さらに間もなくXiaomi Mi 6のリリース情報もあります。今後が楽しみですね。

GFXBench

Xiaomi-Redmi-4-Benchmark-GFXBench-01

GFXBenchはベンチマークの種類が豊富なので最初に表示される「Car Chase」を選びました。ASUSのZenFone 3より僅かに良いスコアです。上図右は「Low-Level Tests」の結果です。

『Xiaomi Redmi 4』を提供いただいているGearBestでは定期的にセールを実施しているので価格を定期的にチェックすると良いかもしれません。

→最新価格と在庫、出荷スケジュール、スペック・製品画像はXiaomi Redmi 4販売ページ

Xiaomi Redmi 4の記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

(祭り)日本版「Xiaomi Mi Note 10」が特選タイムセールで大幅値下げ

Amazonのタイムセール祭りでRAM6GBに世界初の1億800万

カメラの見えないスマホへ、Xiaomiが「画面埋め込みカメラ」発表

中国Xiaomiは現地時間8月28日、スマートフォンのディスプレイ

RAM6GB/128GBな6.67型ゲーミングスマホが特価23,312円に、3日間限定

小型タブレットとしても十分に使える大画面6.67インチにRAM6G

→もっと見る

PAGE TOP ↑