Moto Z Play(XT1635-03)でドコモ系SIM設定レビュー、格安SIMカードは使えるか

公開日: : Motorola , ,

今回、拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1635-03)』にドコモ系の格安SIMを装着して通信できるのか試したいと思います。

Moto-Z-Play-Review-SIM-IMG_2190

Moto Z Play(XT1635-03)で格安SIMカードは使えるか

今回は月額0円から利用できる格安SIMカード「0SIM」を使って通信できるのか試した内容を記録します。

格安SIMカード「0SIM」を乗せた『Moto Z Play』のSIMスロットを装着するとSIMカードは自動的に認識され、すぐに「DOCOMO」と表示されました。

Moto-Z-Play-Review-SIM-IMG_2191トレイ「SIM1」に設置、「SIM2」も含めNanoSIM限定。

APN設定

次にSIMカードを使った通信が行えるようにAPN設定を行います。

Android標準の「設定」メニュー内にある「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」をたどると、驚いたことに国内のMVNO事業者向けAPN設定が用意されていました。

Moto-Z-Play-Review-apn-01国内MVNO事業者のAPN設定が登録済み。

「0SIM」なので「So-net LTE」を選びホーム画面に戻ると通信できる状態となっていました。APNが事前に登録されているのは助かりますね。

価格

Moto Z Playの日本における実売価格は32GBモデルが53000円前後(アマゾンの国内正規代理店は54284円でした)となっています。

今回レビューしているGearBestが販売する64GBモデルは時間限定+台数限定セールで43,397円となっていました。

Moto Z Playの最新価格と在庫状況などは次のリンクより確認できます。

リンク:Moto Z Play – GearBest

Moto Z Playの記事一覧

GearBest 3周年記念でXiaomi Redmi Note 4XやMoto Z Play、Cube Mix Plus、CUBE WP10のレビュー記事を追加しています。最新記事はGearBest 記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

モトローラがペン内蔵「moto g PRO」発表、スペック・価格・発売日

モトローラ・モビリティ・ジャパンは10月26日、スタイラスペンを本

モトローラが通信4社対応で2万円台~6.4型moto g8 / g8 powerを発表、発売日・価格

モトローラ・モビリティ・ジャパンは4月21日、同社のmoto gシリー

次世代スマホの原型か、Motorola razrのハンズオン動画・レビュー

ポケベルからPHSを経て、今ではガラケーと呼ばれる折り畳み式の携帯

→もっと見る

PAGE TOP ↑