Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」正式発表―新機能が明らかに

公開日: : Windows

Microsoftは米国時間5月11日、「Build 2017」において2017年秋にリリース予定の「Windows 10」アップデートを「Fall Creators Update」として発表、新たに追加される機能の一部を明らかにしました。

microsoft-build2017

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」発表

これまで「Redstone 3」という開発コード名で呼ばれていた「Fall Creators Update」は名称からも予測がつきますが、前回に続きクリエイター向けの3DやVRといった新機能が追加される内容となっています。

Microsoft-Story-remix

Fluent Design System

主な内容は新しいUIデザイン「Microsoft Fluent Design System」(開発コード:「Project NEON)が発表されました。UIに5つの視覚的な要素を取り入れることで様々なデバイスにUIを対応するソフト開発者の労力を抑えるシステムとのこと。

Windows Story Remix

写真や動画に音楽やテーマを加えてストーリーを作成できるUniversal Windowsアプリ『Windows Story Remix』も披露しています。

Timeline

「Timeline」は操作内容を時系列で表示、履歴をスクロールして過去に使用したファイルやアプリ、ウェブサイトを辿ることができる機能。

Microsoft-timeline

例として数日前に行ったパワーポイントの作業を再開したい場合は、それをタイムラインから探して選択することで使用していたファイルがソフトウェアとともに起動できるといった機能となっています。

また、Cortanaアプリを導入したAndroid/iOSデバイスで、かつTimeline対応アプリであればデバイス間を越えて作業を継続するということもできるとのこと。

Clipboard

「Clipboard」は端末間で使えるクリップボード機能で、テキストや画像はもちろん地図情報やアニメーションGIFといったデータをAndroid/iOSを含めた複数のデバイスとWindows搭載PC間でコピーアンドペーストできる機能。

 

「Fall Creators Update」のリリース時期

Microsoftは「Fall Creators Update」について2017年中にリリース予定としていますが、海外メディアでは10月に配布すると推測しています。

「更新中。。。」

よく一緒に閲覧される記事

Windows11でAndroidアプリの実行テスト開始、必要条件など

米Microsoftは現地時間10月20日、Windows Insid

Windows 11 (Insider)のISOファイル配布開始、ダウンロード可能に

Microsoftは米国時間8月19日、開発チャネルとベータチャネル向

ATM/POS等に危険迫る、WindowsXPなどのソースコード漏洩か

銀行のATMやクレジットカード決済を行う際のPOSシステム、組み込みデ

→もっと見る

PAGE TOP ↑