13.5型3K『Chuwi Hi13』の筆圧感知ペン「HiPen H3」試用レビュー、電池や書き心地ほか

日本展開に注力する海外通販サイトGearBestより3Kディスプレイを備えた13.5インチの2in1タブレット『Chuwi Hi13』で使える筆圧感知スタイラスペン「HiPen H3」を提供いただきました。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3477

『Chuwi Hi13』の筆圧感知ペン試用レビュー

『Chuwi Hi13』は13.5インチの大きな3K解像度ディスプレイを備え、専用キーボードを購入することでノートパソコンとして、筆圧感知1024段階のペンを用意すれば手書き入力も可能になる2in1タブレットPCとなっています。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3461

『Chuwi Hi13』のスタイラスペン「HiPen H3」、カラーは”Silvery”と印字されていました。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3468

乾電池が付属しています。

MicrosoftではSurface Pro 2までは電池不要で、Surface Pro 3から電池が必要でした。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3469

クリップ部を回転して電池(単6電池/AAAA電池)を入れるようになっています。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3471

プラスとマイナスの方向がわからず、どうしたものか考えていたところペン本体ではなく乾電池側に説明がありました。単6電池を交換したら説明がわからなくなるので記事に記録しておきます。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3473

細長いボタンは2つのスイッチにわかれています。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3476

ペン先、爪で引っ張りましたが結構な力を入れても抜けません。芯を交換するときが気になります。

実際に使ってみる

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3481

それでは筆圧感知1024段階をサポートするスタイラスペン「HiPen H3」を『Chuwi Hi13』で使ってみたいと思います。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3482

まずはSticky Notesを試します。

手のひら検知は有効でディスプレイに手を置いて安定した状態で手書きできました。しかし、ディスプレイの問題なのかわかりませんが、特定の箇所でカーソルが高速でブレてしまい真っすぐな線が描けません。この状態になったときは手のひらを外すことで改善されました。

Chuwi-Hi13-Tabkul.com-Review-IMG_3485

次にOne Note。

こちらは筆圧感知が有効であることを確認できました。絵心があれば何かしら描いてペンの評価を示せるのですが、とりあえずカーソルが飛んだり、線が途切れたりといったことはありません。

上図の下にある線が一部かけているのはノートパソコン状態で線を描いたためペンとディスプレイが離れてしまったことで発生しています。

画面端で線が途切れる電池不要のSurface Pro 2よりも同じ単6電池を必要とするSurface Pro 3 に近い印象を受けました。ちなみにプリインストールアプリに「ワコムペン」はありませんでした。

→最新価格や在庫状況はGearBestのChuwi Hi13販売ページで確認できます。

Chuwi Hi13 のレビューなど記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑