RAM6GB搭載『Xiaomi Mi6C』か、GFXBenchに謎デバイス登場

公開日: : Xiaomi

ベンチマークサイトGFXBenchにRAM6GBを搭載した5.1インチのコードネーム「Xiaomi Jason」という端末が掲載されました。CPUにはSnapdragon 660を積んでいます。

Xiaomi-Jason.1

『Xiaomi Mi6C』か、GFXBenchに謎デバイス登場

「Xiaomi Jason」には最新Android 7.1.1が動作し、画面サイズは5.1インチ(恐らく5.15インチ)フルHD解像度を備え、CPUにはQualcommの最新SoC「Snapdragon 660」、RAMはなんと6GB、ストレージは64GBを備えます。

カメラは背面1200万画素、前面400万画素。NFCを備えていることがわかります。

Xiaomi-Jason

「Xiaomi Jason」のスペックシート。

「Xiaomi Mi5C」後継モデルか

ディスプレイサイズや背面カメラ、CPUから「Xiaomi Mi5C」の後継モデルである可能性が考えられるため『Xiaomi Mi6C』と伝えられています。

しかし、Xiaomi Mi5C発表時の記事に記録したスペック表を振り返るとCPUはSnapdragon 625相当の独自プロセッサ「Surge S1」を採用し、前面カメラは800万画素ありました。RAMは3GBとミドルレンジ仕様となっています。

mi-5c-02-1

前面カメラの大幅なダウン、RAMが2倍の6GB(SD660は最大RAM8GBまでサポート)となり、独自プロセッサからQualcommへの変更など気になる点もありますが画面サイズやSnapdragon 835などではないことから「Mi6」の廉価版という位置づけになりそうです。

Source:GFXBench

よく一緒に閲覧される記事

RAM6GB/6.67型Xiaomi Redmi Note 9Sが25,835円に、スペック

もはやタブレットと言えそうな大画面6.67インチにRAM6GB、ス

アマゾンで「Xiaomiファンフェス」開催中、スマホ2機種が特価に(4/9まで)

日本参入を果たした中国シャオミが「Mi Fan Festival 20

世界スマホ4位のXiaomiが日本参入を発表、1億800万画素スマホなどアマゾンで予約開始

スマートフォンの世界シェア4位の中国メーカーXiaomiは12月9

→もっと見る

PAGE TOP ↑