Microsoftが折りたたみタブレット特許、360度回転でスマートフォンサイズに

公開日: : Microsoft Surface

Microsoftが開発していたヒンジ付きのWindowsタブレットについて、最近の特許でデバイスの外観まで言及しており、それが「Surface Studio」の時に似ているとしてリリースの可能性が出てきました。

hinged-patent-3

Microsoftから折りたたみWindowsタブレット登場か

MSPOERUSERは、最近Microsoftが数か月で申請した特許の量から同社がヒンジ付きのWindows 10搭載タブレットに取り組んでいるのは疑いようがないものの、無事リリースできるかはわからない状態であったと近況を伝えています。

そのうえで、最近の特許では筐体についての言及が増えており、それがSurface Studioのリリース前を彷彿とさせるとしています。

hinged-patent-5

特許情報によると、ヒンジは0度/180度/360度の3段階でマグネット吸着による角度調整が行えるとしており、そのうち180度だけが単一のUIが表示され、0度および360度は別々の画面が表示されるようです。

また、カメラの規模から書籍サイズのタブレットではなく、スマートフォンのようなサイズにまで小さくなることが示唆されています。

スマートフォンのサイズということでWindows Phoneを期待してしまいますが、常時接続されるWindows 10 on ARM向けであると思われます。

関連する記事

Microsoft、eSIM搭載『Always Connected PC』構想を発表–ASUS/VAIO/Xiaomiなど参加

Microsoft、ARM版Windows 10動作デモを公開

Source:MSPOERUSER

よく一緒に閲覧される記事

個人向け『Surface Go LTEモデル』発売、メモリ8GBなどスペック・価格

日本マイクロソフトは1月29日、一般消費者向けにSurface Go

Surface Go向け『Microsoft Classroom Pen』発表、教育機関に

Microsoftは米国時間1月22日、Surface Goでの使用に

日本MS、『Surface Studio 2』の発売日を1/29と発表/一般・法人向け価格 #Surface #SurfaceStudio

日本マイクロソフトは1月15日、Surfaceシリーズのオールインワン

→もっと見る

PAGE TOP ↑