iFixitが『Surface Laptop』の分解レポートを公開、修理は不可能とゼロ評価

公開日: : Microsoft Surface , ,

リペア会社iFixitがMicrosoftの最新デバイス『Surface Laptop』の分解レポートを公開しました。修理評価は10点満点中0点でリペア不可能となっています。

iFixit-Surface-Laptop.1

iFixitが『Surface Laptop』の分解レポートを公開

今回、iFixitが分解したのは13.3インチ(2256x1504)『Surface Laptop』(Core i7-7660+256GB SSDモデル)で、CPUやメモリ・ストレージ構成によって価格が変わるため分解してアップグレードを望むユーザーもいるかもしれません。

分解するには最初からアルカンターラ素材のキーボード面にある接着剤を剥がすという行為が必要になるようです。

ストレージは東芝製、メモリはSK Hynix製でした。

バッテリーは45.2Whで同時発表のSurface Pro 5(45Wh)とほぼ同じ容量で、最新のMacBook Retinaの41Whより多く積んでいます。

修理しやすさの評価

iFixit-Surface-Laptop

『Surface Laptop』の修理しやすさを示すスコアは最も容易とする10点満点から程遠い修理不能を示す0点となりました。iFixitによると『Surface Laptop』は多くのダメージを与えることなく内部にアクセスすることはできないほか、CPUやメモリ・ストレージは全てマザーボードに半田付けされておりアップグレードは行えないとのこと。

また、バッテリー交換は困難かつ危険で、デバイスの寿命は限られているとしました。

前回の分解
iFixit、オールインワンPC『Surface Studio』分解レポート公開

前回のSurface Laptop
日本マイクロソフト、13.5型『Surface Laptop』発表―価格・発売日

Surface Laptop発表時の記事(スペック)
Microsoft、13.5型『Surface Laptop』発表―発売日・価格・動画、RAM16GBなどスペック

Source:iFixit

よく一緒に閲覧される記事

本日終了、『Surface Laptop 2』の2万円引きなどSurfaceキャンペーン開催中

2019年6月30日までの期間限定で、MicrosoftのSurfac

MS、9インチ折り畳み2画面「Surface」を2020年前半に投入か:Forbes

Microsoftが2020年前半にも9インチのディスプレイ2枚を折り

Microsoftが2画面Surface端末「Centaurus」を社内デモ、年内リリースか

Microsoftが新しいデュアルスクリーン搭載Surfaceデバ

→もっと見る

PAGE TOP ↑