Microsoftが折り畳みタブレットを2018年にリリースか、「Andromeda」プロジェクト

公開日: : Microsoft Surface

MicrosoftがWindows 10を搭載したデジタルジャーナルとも呼ばれるペンとデジタルインクを重視した折り畳みタブレットに取り組んでいると海外メディアが伝えています。

Microsoft-Courier

Microsoftの「Andromeda」プロジェクト

Windows 10 Mobileとしてスマートフォン向けOSをリリースするもAndroid/iOSに押され市場に受け入れられず、先日Joe氏が同OSと新端末開発を終了することを明らかにし、話題となりました。

ビルゲイツ氏もFOX NEWSにインタビューでAndroidに乗り換えたと語るなど同社のモバイルOS戦略が盛り上がっていませんが、Windows 10 on ARMの存在があります。

MicrosoftはARM上で動作するクーリエに似た折り畳み式のWindowsデバイスを開発していると伝えられています。それはコードネーム”Andromeda”と呼ばれており電話機能を備えますがスマートフォンではなく折り畳むことで携帯可能なデバイスという位置づけになるそうです。

この「Andromeda」はペン入力とインキングが中心の新しいジャンルのデバイスになるようで端末を開き、ノートにメモを書くようにノートブックアプリが組み込まれるとのこと。

何という名称になるのかは不明ですがスマートフォンでもタブレットでもない新しいモバイル製品で勝負に出るMicrosoft、例としてSurface Noteやクーリエの”Digital Journal”ように「Surface Journal」などといった製品名になることが予測されます。

Microsoftは昨年折り畳みデバイス向けの特許を取得、そして新しい種類のデバイスになることを公式に述べているとも伝えられており、独自の新ジャンルのデバイスを開拓する可能性が期待されています。

Windows Centralは情報筋からの話としてMicrosoftが「Andromeda」プロジェクトの新デバイスを2018年にリリースする計画であると伝えています。

前回の話
MS、Windows 10 Mobileと新端末の開発を終了へ/Joe Belfiore氏が諦めた理由を明らかに

Source:Windows Central

よく一緒に閲覧される記事

Surface Laptop 2が分解され、今回もiFixitの修理しやすさ評価「ゼロ」に

修理会社iFixitが最も修理しにくいとして選んだ「Worst Dev

Surface Pro 6をiFixitが分解、ディスク交換ほぼ不可能と判明

10月16日より発売された『Surface Pro 6』を修理会社iF

Surface Pro 6 / Surface Laptop 2の紹介動画が公開、あす発売に向けて

日本マイクロソフトは10月15日、あす発売のSurface Pro 6

→もっと見る

PAGE TOP ↑