マイクロソフト、Qualcommに続きNVIDIAにWindows 10を要請か

公開日: : Windows

米マイクロソフトがQualcommに続いて米国の半導体メーカーNVIDIAにWindows 10への参加を呼び掛けた可能性が伝えられています。

windows10-qualcomm-snapdragon_thumbnail_0

マイクロソフト、NVIDIAにWindows 10を要請か

Microsoftは各PCメーカーやQualcommと協力してINTEプロセッサに代わりSnapdragon 835プロセッサで動作するWindows 10 on ARMを準備していますが、Fudzillaによると同社はNVIDIAにも話をもちかけたようです。

NVIDIAは既に自立走行車など自動車業界での道を見つけており、現時点では参加しない方針のようですが、MicrosoftとQualcommが2018年よりリリースするWindows 10 on ARMを搭載したノートパソコンが成功することで可能性が残っているとも伝えられています。

同プロジェクトが成功を収めればNVIDIAだけでなくSamsung Exynos、NVIDIA Tegra、Huawei Kirin、MediaTekなどが参加することも考えられます。

前回の話
Qualcomm、最初のWindows 10 ARM PCはSnapdragon 835搭載―年内リリースへ

Source:Fudzilla

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑