僅か13gの世界最小ケータイ『Zanco tiny t1』登場、スペック・価格・出荷予定日

公開日: : スマートフォン ,

親指ほどの筐体で通話可能な世界最小と呼べる携帯電話『Zanco tiny t1』がKickstarterでキャンペーンを開始、出資者を募っています。

Zanco-tiny-t1

スポンサーリンク

『Zanco tiny t1』のスペック・価格・出荷予定日

これまでも世界最小を謳う製品はリリースされてきましたが、『Zanco tiny t1』はガラケーの姿を維持した携帯電話としては最後の最小にになるかもしれません。

Zanco-tiny-t1.03

本体サイズは高さ46.7mm、幅12mm、厚み12mmでディスプレイと物理キーを備えています。重さは僅か13g。もはやストラップとしてつけられそうですね。

『Zanco tiny t1』ができること

Zanco-tiny-t1.02

『Zanco tiny t1』には通話用のマイクとスピーカーがあり、モバイル通信用のNanoSIMスロットが設けられ、2G通信が可能、充電はMicroUSBで行うようになっています。

『Zanco tiny t1』のスペック

Zanco-tiny-t1.01

バッテリー容量は200mAhでスタンバイ3日間、通話180分となっています。電話帳は300件まで登録可能で、SMSメッセージは50件まで保存可能、直近50件の発着信を記録できるとのこと。

メモリとストレージは32B(32GBではありません)。

唯一のアプリとも言えそうな機能としてボイスチェンジャー(13種類の声)を備えています。

価格・出荷予定日

『Zanco tiny t1』の価格本体30ポンド+送料10ポンド=40ポンド(約6023円)で、出荷予定は2018年5月となっています。

残念ながら日本では使えませんが、海外旅行でプリペイドSIMを使うといったシーンで活躍できそうです。

Source:Kickstarter

スマートフォンの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本で発売!?2.0型『PUNKT. MP02』予約開始、ドコモB19対応などスペック・価格

PUNKTはロンドンのデザインフェスで現地時間9月17日、初代MP01

通話とSMSだけのSIMフリーガラケー『un.mode phone01』発表、価格・スペック

スペック競争を繰り広げるスマートフォンとは対照的に通話とSMSだけで十

スマホを熱湯や氷漬けに、世界初ノッチ付きタフネス『Ulefone Armor 5』の実験動画

Ulefoneがリリースした世界初のノッチ付きディスプレイのタフネス・

LTE対応版『NichePhone-S 4G』発表、発売日・価格・スペック

フューチャーモデルは8月23日、国内4G端末として最小・最軽量を謳うS

日本初クラウドSIM搭載スマホ『jetfon』の発売日が決定、8/28販売開始

MAYA SYSTEMは8月20日、予約受付を開始していたSIMカード

5000円スマホ『JioPhone 2』は8月15日に予約開始

先月発表された4G LTE通信をサポートしたデュアルSIMと物理QWE

ノッチ最安値スマホが発売、6.18型RAM4GB『CUBOT P20』は価格14705円に・スペック

ノッチ付きディスプレイでは最安値と言える14705円にて6.18型デュ

Palmスマホ(Pepito)は3.3インチか、画像とスペックがリーク

TCLのPalmスマートフォンはFCCを通過したばかりですが、早くもコ

あの「Palm」がAndroidスマートフォンで復活、PVG100がFCC通過

PalmといえばPDAですが、BlackBerryのように同ブランドを

3画面スマホ『HubblePhone』登場、未発表Snapdragon 855x2搭載などスペック・価格

香港Turing Space Industriesは7月31日、トリプ

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑