僅か13gの世界最小ケータイ『Zanco tiny t1』登場、スペック・価格・出荷予定日

公開日: : スマートフォン ,

親指ほどの筐体で通話可能な世界最小と呼べる携帯電話『Zanco tiny t1』がKickstarterでキャンペーンを開始、出資者を募っています。

Zanco-tiny-t1

『Zanco tiny t1』のスペック・価格・出荷予定日

これまでも世界最小を謳う製品はリリースされてきましたが、『Zanco tiny t1』はガラケーの姿を維持した携帯電話としては最後の最小にになるかもしれません。

Zanco-tiny-t1.03

本体サイズは高さ46.7mm、幅12mm、厚み12mmでディスプレイと物理キーを備えています。重さは僅か13g。もはやストラップとしてつけられそうですね。

『Zanco tiny t1』ができること

Zanco-tiny-t1.02

『Zanco tiny t1』には通話用のマイクとスピーカーがあり、モバイル通信用のNanoSIMスロットが設けられ、2G通信が可能、充電はMicroUSBで行うようになっています。

『Zanco tiny t1』のスペック

Zanco-tiny-t1.01

バッテリー容量は200mAhでスタンバイ3日間、通話180分となっています。電話帳は300件まで登録可能で、SMSメッセージは50件まで保存可能、直近50件の発着信を記録できるとのこと。

メモリとストレージは32B(32GBではありません)。

唯一のアプリとも言えそうな機能としてボイスチェンジャー(13種類の声)を備えています。

価格・出荷予定日

『Zanco tiny t1』の価格本体30ポンド+送料10ポンド=40ポンド(約6023円)で、出荷予定は2018年5月となっています。

残念ながら日本では使えませんが、海外旅行でプリペイドSIMを使うといったシーンで活躍できそうです。

Source:Kickstarter

よく一緒に閲覧される記事

7.8インチ折り畳みスマホ『Royole FlexPai』のハンズオン動画 #CES2019

Royoleが発表していた世界初の折り畳みスマートフォン『FlexPa

3.3型『Palm Phone』のSIMフリー版が発売へ、スペック

2018年にベライゾン専用としてリリースされた3.3インチの小型スマー

世界初Snapdragon 855搭載スマホ『Royole FlexPai』予約開始、折り畳み画面は今月発売

中国Royoleは12月14日、世界初の折り畳みディスプレイを搭載した

→もっと見る

PAGE TOP ↑