GPD Pocket レビュー、AutoHotKeyで日本語入力とブラウジングを快適に

公開日: : GPD , ,

GPD Pocketの製品レビュー、英語キーボードはデザイン性に優れていますが日本語入力をしたい時に肝心のキーがありません。今回は日本語入力を快適にするべく「AutoHotKey」を導入した内容を記録します。

IMG_5444

GPD Pocket x AutoHotKeyのレビュー

GPD Pocketに限らず英語キーボードで日本語入力を快適にしたいという話は過去にもあり、今回の「AutoHotKey」以外ではキー配置を変更するソフトウェア「Change Key」(フリーソフト/非常駐)があります。

AutoHotKeyはキー配置を変更するだけでなくウィンドウやマウスのコントロール、レジストリ、Windows終了時の処理や一定時間ごとに処理を行わせるなど多岐に渡る設定が行える便利ソフトです。

そんなAutoHotKeyを導入した話です。

AutoHotKeyのインストール

はじめにAutoHotKey公式サイトにある「Download AutoHotkey Installer」というリンクよりEXEファイルをダウンロードします。ファイルサイズは20171231時点で3.17MB(ZIP版は4.5MB)でした。

入手したEXEファイルを実行するとセットアップ画面が表示されます。

GPD-Pocket-review-AutoHotKey-20171231

上記画面では下段の「Custom Installation」を選択。

GPD-Pocket-review-AutoHotKey-20171231.01

上図では中段の「Unicode 64-bit」を選びます。

GPD-Pocket-review-AutoHotKey-20171231.02

特に設定する項目はないので「Next」。

GPD-Pocket-review-AutoHotKey-20171231.03

オプション画面ではチェック項目の4つめにあるコンテキストメニューも選んでから「Install」を選びました。

GPD-Pocket-review-AutoHotKey-20171231.04

AutoHotKeyのインストールが完了したら「EXIT」でインストーラーを閉じます。

AutoHotKeyの設定ファイル作成

AutoHotKeyのインストールを終えたので次は実際に設定ファイル(拡張子.ahkファイル)を作成します。

GPD-Pocket-review-AutoHotKey-20171231.05

デスクトップ画面やエクスプローラー画面で上図のように「新規作成」→「AutoHotKey Script」を選び、.ahkファイルを作成します。

GPD-Pocket-review-AutoHotKey-20171231.06

上図のようなファイルが作成されたらメモ帳などで開き設定を記述していきます。

記述方法はヘルプを確認していただくとして、今回の目的は「全角/半角キーの割当」。例としてAlt+Spaceで日本語に切り替えたいのであれば「!Space::Send, {vkF3sc029}」となります。{}内のvkF3sc029は全角/半角のキーコードです。

右ALTキー単体を全角/半角キーに割当

私は右ALTキーを使わないので、そこに全角/半角キーを割当てました。ahkファイルに「RALT::Send, {vkF3sc029}」と追記して保存、実行したらブラウザを開いて日本語入力ができることを確認しました。

マウスホイールをキーに割当

マウスホイール機能をキーボードに割り当てる設定も記述します。

右ALT+Mをホイールアップとして「>!m::WheelUp」と記述。次にホイールダウンは右ALT+メニューボタンとして「!Appskey::WheelDown」と記述しました。

テストを行う

ahkファイルを右クリックして「Run Script」を選ぶと先ほどのキー設定が実行されます。メモ帳などで内容を変更したときは再び「Run…」を実行することで上書き実行されます。

これまでの設定で右ALTキー単体を押すたびに英語と日本語が切り替わり、右ALT+Mまたはメニューキーの同時押しでスクロールが行えるようになりました。

ブラウザやエクスプローラーでスクロールしたり、日本語入力して問題なければahkファイルの完成です。

仕上げ、スタートアップに登録

GPD Pocketを起動するたびにAutoHotKeyを起動するのは手間なのでスタートアップに追加しておきます。 先ほどのahkファイルのショートカットを作成して次のフォルダに配置します。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

上記は隠しフォルダになっているので、「Winキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を開き、「shell:startup」と入力してEnterキーを押すと上記フォルダが開くのでahkファイルのショートカットを貼り付けてください。

今回『GPD Pocket』を提供いただいたBanggoodでは54326円にて販売されています。 定期的にセールが開催されているのでBanggoodの記事一覧もチェックされることをお勧めします。
⇒最新の価格やスペック・製品画像などはBanggoodの『GPD Pocket』販売ページ

前回の設定やベンチマークなどはGPD Pocketのレビュー記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

GPDが着脱式のNintendo Swtich風デバイス開発中か

小型ノートPC(UMPC)とゲーミング端末を以前よりリリースしてい

6型GPD WIN2 2019バージョンがAmazon.co.jpで予約開始、スペック・価格

天空は2019年7月19日、深セン GPD Technology

実用的な6型ノート『GPD MicroPC』が家電量販店に、5万円以下でRAM8GB+128GB+Win10Pro/価格・発売日

UMPCの中では最もインターフェイスが多く、Windows 10

→もっと見る

PAGE TOP ↑