Try WiMAXでモバイルルーター『W03』試用レビュー、開封~スピードテスト

公開日: : Wimax

auひかり回線に変えてから外出時のモバイル通信はスマートフォンのテザリングで済ませていましたが、ノマドワーカーとして外で活動していこうと考え再びWiMAXを試したので、開封からスピードテストを行うまでを記録します。

IMG_6025

Try WiMAXでモバイルルーター『W03』試用レビュー

今回Try WiMAXで借りたのは価格コムで安定していると評判のよかった『W03』にしました。最新モデルも借りられましたがつながらないなどの書き込みが気になってしまいました。

『W03』開封レビュー

WiMAX-W03-Review-IMG_6008

以前のTry WiMAXは段ボールでしたが、今回は専用BOXみたいな形になっていました。

IMG_6009

マジックテープを外して中身を取り出します。

IMG_6010

同梱されていたのは返信用の伝票と説明書、契約者向けチラシ。

IMG_6028

返却方法を記したカード、裏面には使い初めにリセットを行うよう案内がありました。

IMG_6014

スポンジに入っていたのはモバイルルーター本体とDCアダプタとMicroUSBコードの3点セット。

IMG_6016

折り畳み式の電源コード、接続部はMicroUSBです。

IMG_6021

MicroUSBコード、他のデバイスと共有して使えそうです。

IMG_6022

モバイルルーター本体、さすがに使い古し感はありました。

IMG_6023

ICカード挿入口には「開封厳禁」と印字されたシールが貼られていました。

IMG_6032

先ほどの案内に従い、電源を入れてから自分で用意したSIMピンを差し込みリセット作業を行いました。

『W03』の設定画面を見る

IMG_6033

リセット後の初起動、かんたん設定の案内が表示されました。

IMG_6034

今回はXperia XZとWPSを使ってWi-Fi接続します。

IMG_6035

W03でWPSを選択。

IMG_6036

Xperia XZでもWi-Fi設定からWPSプッシュボタンを選択。

WiMAX-W03-Review-IMG_6037

ルーターとの接続は1分ほどで完了、インターネット接続できる状態になりました。

IMG_6039

かんたん設定を終了させます。

IMG_6041

W03のディスプレイはタッチ操作が可能、オフタイマーやパフォーマンス設定が可能となっています。

WiMAX-W03-Review-IMG_6040

かんたん設定はやり直しOK、通信量カウンターなども用意されていました。

WiMAX-W03-Review-IMG_6042

通常はノーマルで良さそうです。

スピードテストを行う

WiMAX-W03-Review-IMG_6043

XCAL Speedtestを使ってスピードテストを行います。

WiMAX-W03-Review-IMG_6045

LTE通史にょりはレイテンシや上下スピードは遅いですが、コンクリート造のマンション内部で上記スピードであれば満足できます。以前は同じ部屋でスピードテストどころかつながらなかったのですが、これはアンテナが増えたとかの影響でしょうか。

WiMAX-Speedtest-20170112

続いてGoogle検索でスピードテストと検索するとGoogleがMeasurement Lab(M-Lab)と提携して実施しているテストが利用できます。こちらでは上記のような結果になりました。

実際に郊外のアウトレットモールなどへ出かけて体感スピードなどを計測したいと思います。

リンク:【WiMAX2+】【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】

よく一緒に閲覧される記事

Try UQ mobile、貸出機種に『Galaxy A30』を追加

UQコミュニケーションズは6月14日、au回線を使ったモバイル通信サー

WiMAX L01sで月間7GB超過後のスピードテスト結果、制限前後を比較

TryWiMAXで試用中のWiMAX L01sに上限として設定され

WiMAXホームルーターを携帯仕様に、DC変換USBケーブル購入レビュー「モバイルバッテリーで使えるか」

WiMAXのホームルーター型が屋内外ともに素晴らしい受信感度であっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑