Vivo、4辺ベゼルレス『Apex』公開―ポップアップカメラでノッチ対策・ハンズオン動画

公開日: : スマートフォン

RAM10GB搭載スマホやディスプレイ指紋センサーなど常にスマートフォンの最新技術をリリースする最先端のVivoが遂にベゼルフリーとなる4辺ベゼルレス6インチ『Apex』と呼ばれるコンセプト・フォンを公開しました。

Vivo-Apex.01

Vivo Apexのスペック

『Vivo Apex』は6インチでアスペクト比18:9でFHD+(2160x1080)解像度のOLEDディスプレイで、ベゼル幅はトップとサイドが1.8mm、ボトムが4.3mmの最新ベゼルレス・スマートフォン。

今後ボトムも1.8mmを目指すようで、それを実現したのはフレキシブルOLEDディスプレイで、画面を湾曲させる目的ではなくコンポーネントとコネクタを曲げてベゼル幅をサイズダウンするのに使用しているようです。

OLEDディスプレイですから、Vivoのディスプレイ指紋センサーも内蔵可能です。

ベゼルレスのスマートフォンといえばiPhone X、そして大きな問題とされているのがノッチですが、Vivoは全く異なる解決策を提示してきました。それがポップアップ式カメラです。

Vivo-Apex

カメラアプリを自撮りモードに切り替えるとトップ部分からカメラが飛び出してくるそうです。

その様子は下記のハンズオン動画の1分41秒あたりで確認できます。

ポップアップカメラの登場が初々しくて気に入りましたが、修理依頼が多くなりそうにも思えます。

その他、Vivo Apexは背面デュアルカメラ、USB Type-C、3.5mmイヤホンジャックを備えています。

VivoがMWC 2018で展示した最新スマートフォンとは異なり、Vivo Apexは同社の今後を示すためのコンセプト端末、常に新しい技術へ挑戦する同社に注目です。

前回のVivo
Vivo、画面占有率ほぼ100%のベゼルレス開発中か、画像リーク

最新のVivo記事一覧

Source:Android Central

よく一緒に閲覧される記事

2.0型『Punkt. MP02』が日本で8/8発売、価格

Punkt.(プンクト)はスマートな携帯電話『Punkt. MP0

約4,500円の5型スマホが発売、背面デュアルカメラなどスペック

日本のアマゾンでも見かける中国メーカーHOMTOMが定価39.99ドル

3.3型『Palm Phone』が日本上陸、アマゾンや家電量販店で発売へ・日米の価格・発売日

2018年にベライゾン専用としてリリースされた手のひらサイズと「Pal

→もっと見る

PAGE TOP ↑