Googleアシスタント対応スマートディスプレイは2018年7月に発売、ソニー/Lenovo/JBLほか

公開日: : Google

Googleは開発者向け会議Google I/O 2018で、同社の音声アシスタント”Googleアシスタント”に対応するスマートディスプレイを2018年7月に各メーカーより発売することを発表しました。

lenovo-Smart-Display

Googleアシスタント対応スマートディスプレイ、2018年7月発売

今回のスマートディスプレイはAndroid OEMとしておなじみのソニーやLenovo、LGのほか、スピーカーを手掛けるJBLと提携して展開、各社は2018年1月のCES 2018にスマートディスプレイを発表していました。

今回の発表で発売スケジュールが決定したことになります。

Smart-Displasys

スマートディスプレイではGoogleアシスタントの音声操作とタッチ操作に対応、スマートホームを制御したり、YouTubeの視聴、Google Duoでビデオ通話できるほか、Googleの各種サービス”カレンダー”や”マップ”と統合されています。

Smart-Displasy-jbl

JBLのスマートディスプレイ”LINK VIEW”

lenovo-Smart-Display.1

Lenovoが2018年1月CES 2018で発表した内容を振り返ると、スマートディスプレイは8インチまたは10インチで展開される予定で、CPUにはQualcomm SDA 624 SoCを採用、Qualcomm Home Hubプラットフォームを搭載しています。

価格は8インチモデルは199.99ドル、10インチモデルは249.9ドルで、発売日は2018年夏の早い時期に発売される予定としていました。

また、GoogleがCES 2018で公開したスマートディスプレイの動画は次のようになっています。

Amazonとの競争、勝機はYouTubeか

アマゾンは5月に7インチのタッチパネルを搭載したスマートホーム端末として「Amazon Echo Show」を発表しています。

『Amazon Echo Show』は米国時間5月9日より予約受付が開始、出荷は6月28日を予定しています。価格は229.99ドルとなっています。

Amazon Echo Showの画像や動画、詳細は下記の記事より確認できます。
Amazon Echo Show発表、7インチ液晶やカメラ搭載などスペック・紹介動画

Source:Google / Lenovo

よく一緒に閲覧される記事

Google スプレッドシート等でWord・Excel・PowerPointの直接編集が可能に

Googleは米国時間4月11日、Google Docs(Google

Gmailで予約送信が可能に、メールサービス15周年記念の新機能

Googleは米国時間4月1日、ウェブ検索に続く2つ目のサービスとして

グーグルの「goo.gl」が正式終了、まだリンクは生きている。

グーグルが2009年に立ち上げた「goo.gl」が役目を終え、静かに目

→もっと見る

PAGE TOP ↑