Intel、次期iPhone向けのモデムチップ生産開始/Qualcommは30%提供で明暗

公開日: : Intel ,

半導体大手インテルがアップルの2018年 iPhone 向けにモデムチップの生産を開始したと報じられています。

INTEL-XMM7560

Intel、次期iPhone向けのモデムチップ生産開始

Intelのモデムチップは2016年のiPhone 7から採用され、現行のiPhoneはIntelとQualcommからモデムチップの供給を受けています。

今回、2018年秋にリリースされるiPhone シリーズで採用されるといわれているIntel の LTEモデムチップ『XMM 7560』の生産が開始したと伝えられています。

この『XMM 7560』は次世代通信5Gへ向けたモデムチップとされており、LTE Advanced Pro対応で最大1Gbpsのダウンロード速度まで到達できることを強みとしています。

同社はNikkei Asian Reviewのインタビューにおいて、モデムチップは出遅れたが今は追いついたと認識しており、2019年以降について第5世代または5G通信をリードすることを約束すると述べています。

さらにIntelの「XMM 8060」と呼ばれる次世代モデルは来年リリース予定で、HP、Dell、Lenovo Group、Asustek Computer、Acerなどの常時接続PCまたはスマートフォンで採用されるとも述べました。

iPhone9-leaks20180603

Qulacommの話

同じくiPhoneにモデムチップを提供しているQualcommは2017年初めからAppleと巨額のライセンス料金に関する合法的な争いを始めています。

それによる影響が出ているようで、AppleInsiderはサプライチェーンが4月に公開したレポートから、Qualcomm は2018年のiPhoneでも引き続きモデムチップを提供するものの、その割合はIntelが70%となりQualcommは30%に留まるだろうと伝えています。

さらに Apple はQualcommへの依存を軽減、最終的に供給ゼロを目指しているようだと伝えられています。

リーク情報などはiPhoneの最新記事

Source:AppleInsiderNikkei Asian Review via Intel XMM7560(PDF)

よく一緒に閲覧される記事

Intel、次期iPhone向けのモデムチップ生産開始/Qualcommは30%提供で明暗

半導体大手インテルがアップルの2018年 iPhone 向けにモデムチ

インテル、2画面PC「Tiger Rapids」を開発中・動画

Computex 2018でASUSとLenovoから2画面ノートパソ

Intel、小型PC+スマホ『Pocket PC』の実機を初披露

Intelは台湾で開催されたComputex2018において現地時間6

→もっと見る

PAGE TOP ↑