あの「Palm」がAndroidスマートフォンで復活、PVG100がFCC通過

公開日: : スマートフォン ,

PalmといえばPDAですが、BlackBerryのように同ブランドを入手した中国TCLがAndroid OSを搭載したデバイス『PVG100』でFCC認証を通過させました。

palm

TCLのPalm(PVG100)がFCC通過

以前TCL役員がPalmデバイス復活の話をしていましたが、型番「PVG100」がWi-Fi Allianceに続きFCCでも認可を受けています。

Palm-fcc

現時点で判明しているのはAndroid 8.1を搭載し、Wi-Fiで5GHzに対応していないということです。このことからミッドレンジ仕様のAndroidスマートフォンになることが予想されます。

Palm最後のデバイスは物理キーボードを搭載、TCLは既にBlackBerryブランドで物理キーボードを搭載させた実績があります。そのことから物理キーボードを搭載する可能性が期待できます。

palm.old

Android Policeは今年3月、TCLが米国の通信キャリア「Verizon Wireless」の新デバイスとして「Palm」を2018年後半にも投入すると伝えていました。

幾つかのメディアがTCLに問い合わせているもののコメントを得られていない状況で、TCLの戦略から考えるとBlackBerryと同じくブランドの根強いファンに訴えかける製品になることが想像されます。

「スペックや価格ではなく、Palmであることが重要」といった感じでしょうか。そもそも肝心のPalm OSが動作していませんが、、、BlackBerryブランドも抱えるTCLの次なる一手に注目です。

Source:TheVerge

よく一緒に閲覧される記事

14800円で3キャリア対応DSDVスマホ5.45型『Tommy3 Plus』が日本で発表、トリプルスロットなどスペック・価格・発売日

フランスWikoの日本法人ウイコウ・ジャパンは1月18日、DSDV対応

7.8インチ折り畳みスマホ『Royole FlexPai』のハンズオン動画 #CES2019

Royoleが発表していた世界初の折り畳みスマートフォン『FlexPa

3.3型『Palm Phone』のSIMフリー版が発売へ、スペック

2018年にベライゾン専用としてリリースされた3.3インチの小型スマー

→もっと見る

PAGE TOP ↑