米Microsoft、7インチなど小型化した 「Surface」を計画か

公開日: : Microsoft Surface

米MicrosoftのCFO Peter Klein氏は14日、ゴールドマン・サックスとの会合で

タブレットPC「Surface」は、4~13インチといった

様々な画面サイズで投入可能と述べたと伝えています。

一部メディアでは、新興国向けという情報もありました。

surface-pro-and-surface-mini-640x353

7インチ 「Surface」の可能性

Peter Klein氏はOSのコアは同じであるため

4インチ / 5インチ / 7インチ / 10インチ / 13インチ以上と

顧客のニーズに合わせて発売が可能と述べたとしています。

また AllThingsD によると、Windows OSはカーネルをシェアしているため

現行の Windos Phone 8 / Windows RT / Windows 8 などは

サイズを問わず製品を開発することが可能とも伝えています。

編集後記

新興国向けという情報もあり日本での発売が気になりますが

Windows 8 や RT で iPad mini のような人気を得るためには

従来のUIは完全に捨てる必要があると思います。

7インチで右クリックのような動作は辛いものです。

Android や iOS のように大きいアイコンをタップして操作が完結するような

OSに仕上げないとカーネルが対応していてもユーザーが対応出来ません。

従来のソフト資産を捨てて、新しいWindows アプリだけ(RT)に切り替えるのが

小型化への最も早い道だと思いますが、同時にWindowsらしさがなくなり

Windows がOSとしての存在価値すら危うくなります。

Office を Android や iOS で販売したほうが良いという話になりかねません。

Windowsの今後が気になります。

Source : BGR / AllThingsD

よく一緒に閲覧される記事

48時間限り、日本MSがSurface最大30%オフ「いい買い物の日キャンペーン」開始

日本マイクロソフトが直販サイト「Microsoft Store」に

Surface Pro Xが日本でも発売へ、Surface Earbudsの投入も明らかに

日本マイクロソフトは10月17日、米国で発表されたSIMフリーのA

(速報)Surface Pro X発表、10.7万円の常時起動SIMフリーARMノートPC/ペンホルダー付きなどスペック

かねてより噂されていたARM版Surfaceが登場した。 Mic

→もっと見る

PAGE TOP ↑