7.5インチ2K巻物タブレット『MagicScroll』発表・動画、将来はペンのサイズに

Queen’s  Human Media Labは世界初の巻き取り式タッチスクリーン・タブレット『MagicScroll』を発表しました。

Magicroll

『MagicScroll』発表、動画

クイーンズ大学の研究チーム”Human Media Lab”が古代の巻物に触発されたという7.5インチで2K解像度を持つフレキシブルディスプレイと3Dプリンタで作られた筒状の筐体にパーツを搭載、末端の回転ホイールで操作することも可能なベースで構成されたタブレットです。

公開された『MagicScroll』はプロトタイプで、今後は任天堂のWiimoteのようなジェスチャーベースのコントロールデバイスを使用できるようにするカメラを搭載する予定。

チームの目標は、シャツのポケットに入れられるペンのように小さな巻物タブレットの設計としています。

この『MagicScroll』は2018年9月4日にMWC2018の会場にて披露される予定です。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑