郵便配達を平日のみで検討、2019年にも法改正へ:総務省

公開日: : ニュース

日本経済新聞は9月11日、郵便物の配達を平日のみにする方向で検討に入り、早ければ2019年に法改正すると報じています。

japanpost-news-20180912

郵便配達を平日のみで検討、2019年にも法改正へ

同紙によると総務省は人手不足による配達員の負担を軽減するため郵便物の数が少ない”土日の配達がなくても大きなサービス低下にならない”とみていると伝えています。

郵便法は全国共通で週6日間、月曜~土曜まで1日1回の配達を原則としており、これに総務省は週休2日制を認める法改正を検討、土曜の配達を取りやめる方向で調整するそうです。

その一方で速達や書留は毎日の配達が維持される見込みとしています。

なお、日本郵政は週休2日制を採用しているものの配達がある土曜日には約14.6万人が出勤、夜勤・深夜勤務にあたる従業員も半数を超えるとのこと。

Source:日本経済新聞

よく一緒に閲覧される記事

Googleストリートビューの人型アイコン「ペグマン」、実は変身していた。

Google Japanは10月21日、公式Twitterアカウン

ローソンが一日限定でスイーツ全品半額、売上一部を被災地に寄付

ローソンは10月17日、ゴディバなどとのコラボで人気商品も並ぶロー

格安スマホの通話料金を値下げへ、総務省が基準策定に意欲

総務省が格安スマホの通話料金を安くする基準を策定しようとしているこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑