WatchOS 5配信開始、トランシーバーやHey Siriの終了など

公開日: : iOS ,

Appleは日本時間9月18日、転倒落下検知や心電図計測などで話題となった最新スマートウォッチ向けOS「WatchOS 5」の配信を開始しました。

Watch-OS-5

WatchOS 5配信開始、新機能

デザイン面ではWatchOS 5向け文字盤として「Fire & Water」「Vapor」「Liquid Metal」が追加されました。また、呼吸の文字盤では「クラシック」「カーム」「フォーカス」という3つのアニメーション文字盤が追加されています。

心拍数の通知

Apple Watchの「心臓の健康」では、心拍数が上昇したときに通知する「高心拍数」に加えて、心拍数が下がったときに通知する「低心拍数」が追加され、値は40拍/分、45拍/分、50拍/分が選べるようになっています。

ポッドキャスト対応

PodcastをApple Watchで楽しめるようになりました。設定はiPhoneのWatch App>マイウォッチ>Podcastから行います。

iPhoneとの接続が途切れた状態でもApple Watchにダウンロードしたエピソードは再生可能、再生済みのエピソードはApple Watchから削除されます。

トランシーバー

新しいトランシーバー機能を開くと連絡先一覧が表示されるので通話したい人を招待、あとは画面のボタンを押して話しかけ、指を離すことで相手の声が聞こえるようになります。

ワークアウトの自動検出

iPhoneのWatch App>マイウォッチ>ワークアウトから「ワークアウトの開始を通知」「ワークアウトの停止を通知」を有効にすると、ランニングやスイミングしているときに自動でワークアウトが開始されます。

Hey Siriの終了

従来の「Hey Siri」と声をかけることなく口元にApple Watchを持ち上げて話しかけるだけでSiriが起動できるようになりました。

同機能はApple Watch Series 3以降で対応しています。

残念ながら日本では転倒落下検知や心電図計測などのアプリは提供されませんでした。⇒【悲報】Apple Watch Series 4の心電図、米国のみ

<関連記事>

リンク:WatchOS 5(最新のApple Watch記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

Apple、iOS 12.1の日本時間10月31日リリースを発表

Appleが1時間ほど前にiOSの最新バージョンiOS 12.1を日

WatchOS 5配信開始、トランシーバーやHey Siriの終了など

Appleは日本時間9月18日、転倒落下検知や心電図計測などで話題とな

iOS 12配信開始、iPhone 5s/iPad Airから全て高速化やARアプリ「計測」/Siriショートカット提供など

Appleは9月18日、WWDCで発表したモバイル端末向けOS「iOS

→もっと見る

PAGE TOP ↑