日本で発売!?2.0型『PUNKT. MP02』予約開始、ドコモB19対応などスペック・価格

公開日: : スマートフォン

PUNKTはロンドンのデザインフェスで現地時間9月17日、初代MP01の後継モデルとなるシンプルな携帯電話『PUNKT. MP02』を発表しました。同日より予約注文の受付が開始されています。

punkt-mp02

『PUNKT. MP02』のスペック・価格

Jasper Morrison氏がデザインした『PUNKT. MP02』は画面サイズ2インチ(320 x 240解像度)で太陽の下でも視認性が高いという半透過型LCDスクリーンはGorilla Glass 3で保護されています。

CPUにはQualcomm Snapdragon 210チップ、RAM 2GB、ストレージ16GB eMMCという構成で、シングルNanoSIMスロット、インターフェイスはUSB Type-Cとなっています。

バッテリー容量は1,280 mAh、スタンバイは12.5日間、通話は4.2時間、OSはAndroid AOSP 8.1をプリインストールしています。

punkt-mp02.01

本体サイズは117x51.3x14.4mm、重量は100g。

ミニマリストインターフェイスと名付けられた画面はモノクロ(赤も表示)で主にテキストを表示しています。

物理ボタンは押しやすく配慮、長時間の使用でも冷えたままとのこと。

セキュリティ面ではソフトにBlackBerry Secureを組み込んでいます。これはBlackBerryブランド以外のスマートフォンでは世界初としています。

アプリは目覚まし時計、ストップウォッチ・タイマー、世界時計、カレンダー、リマインダー付きメモ帳、計算機が用意されています。

日本発売を想定か(対応バンドの話)

OSがAndroidであることから日本語のサポートは不思議に思いませんが、下記のネットワークを見ると日本での販売を意識したような記述がありました。

Version 1 (Europe, Australia, Japan)
2G: 2, 3, 5, 8
3G: WB-CDMA 1, 5(6/19), 8
4G: FDD-LTE 1, 3, 5(6/19), 7, 8, 20,

Version 2 (USA/CANADA)
2G: 2, 3, 5, 8
3G: WCDMA 1, 2, 4, 5, 8
4G: FDD-LTE 1, 2, 4, 5, 7, 12, 17

わざわざJapanと書かれています。

さらにドコモの4G LTEバンド19をサポート、これは3GでいうところのFOMAプラスエリアに相当する重要なバンドです。これに対応しJapanという表示があることから一定のニーズがあると見込んでいるのかもしれません。

Punkt. MP02の予約価格329 ユーロ を直接、日本円に換算したところ43096円となりました。

リンク:Punkt. MP02

よく一緒に閲覧される記事

世界初折り畳みディスプレイ『FlexPai』は3つの画面に、動画も公開 #FlexPai

中国Royoleが自社の技術を世に知らしめた世界初の折り畳みディスプレ

Antutuが10月度ベンチマーク・スコア上位10機種を発表、1位はHuawei

Antutuは11月1日、ベンチマークアプリのデータを基にした10月度

(更新)世界初の折り畳みディスプレイ搭載スマホ『FlexPai』発表、スペック・価格・発売日

中国Royoleは11月1日、世界初となる折り畳みディスプレイを搭載し

→もっと見る

PAGE TOP ↑