新しいiPadは今秋にも発売、iOS12.1に「iPad2018Fall」とヒント

公開日: : Apple

9月にAppleイベントで発表が期待されていたiPadとMacBook、少なくともiPadの最新モデルは10月のイベントで発表、今秋中に発売されることが伝えられています。

iPad-Pro-12.9inch-leaks-cadbase-20180904

新しいiPadは今秋にも発売へ

Appleが本日、開発者向けにリリースしたベータ版「iOS 12.1」の中に「iPad2018Fall」という、iPad発売を意味する記述が見つかりました。この記述はiOS12にはなかったようです。

この記述について9TO5Macは、新しいデバイスを設定するときに実行されるアプリであるセットアップアプリで使用されるアセットを調べたところ「2018fall」という新しい識別子があったということです。それまではiPhone用しか含まれていなかったとのこと。

この記述は今秋リリースされる新しいiPadで新しいジェスチャーを使用する方法をユーザーに伝えるためにアプリがアップデートされることを意味しているということです。

新しいiPadについては、Appleの事情に詳しい証券アナリストMing-Chi Kuo氏がインターフェイスをLightningからUSB Type-Cに変更する可能性を伝えていました。他にもFace IDによるホームボタンの廃止と底面側に設置されるというSmart Connectorの話もありました。

同メディアはAppleの通常のスケジュールに従えば10月に新たなイベントが開催され、その場で少なくとも新しいiPadが発表されるだろうと伝えています。

10月9日には本日、日本発売がアナウンスされたGoogle Pixel 3シリーズが発表されるイベント「Made by Google」が開催されるほか、Microsoftも10月2日のイベントで新しいSurfaceを発表する予定です。

前回のiPad
12.9インチiPad Pro(2018)のレンダリング画像・動画がリーク、CAD情報より

Source:9TO5Mac(最新のiPad記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

新しいiPad miniを発表か、早ければ10月30日のイベントとも

Appleが長らくアップデートしていないiPad minの新モデルを準

iPhone XRの「R」由来について、シラー氏が回答

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントP

iPad Pro 2018 は複数カラー展開か、レンダリング画像リーク

Appleが10月30日のイベントで発表すると噂されているiPad P

→もっと見る

PAGE TOP ↑