Snapdragon 8150(SM8150)がBluetooth通過、Qualcommの7nmフラッグシップ

公開日: : 周辺機器

Qualcommが2019年から主力チップのブランドを変更する予定であることがBluetooth認証を通過したSnapdragon 8150(SM8150)で明らかになりました。

Bluetooth-SIG-20181006

Qualcomm Snapdragon 8150(SM8150)がBluetooth通過

これまで次期フラッグシップSoCはSnapdragon 855とみられていましたが、Bluetooth SIGに掲載された『SM8150』(Snapdragon 8150)によりブランドの命名規則が変わるとみられています。

Bluetooth SIGが公開したページではWi-Fi 802.11a/b/g/n/acとBluetooth 5.0をサポートと書かれていますが、ワイヤレスチップ名は「WCN3998」となっており、同チップは次世代802.11ax規格までサポートしています。

そのため消費電力を最大67%削減、セキュリティプロトコルWPA3とBluetooth 5.1に対応するとみられます。

さらにSnapdragon 8150チップセットは7nmプロセスで製造され、同じ7nmプロセスの5Gモデム(Snapdragon X50)もあわせて製造、これにより相当な数のスマートフォンメーカーが2019年フラッグシップモデルで5Gに対応してくると推測されています。

高速モバイル通信の時代が近づいています。

Source:Bluetooth(最新のQualcomm記事へ)

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑