iPhone XRが早くも分解、iFixitがパーツを公開中–Liquid Retinaディスプレイの違い

公開日: : Apple

Appleが2018年10月26日に販売を開始した『iPhone XR』を修理業者iFixitを分解して詳細を公開しています。

ifixit-iphone-xr-teardown-1

iPhone XRをiFixitが早くも分解

iFixitによるとiPhone XRはApple初となるモジュール化されたSIMカードリーダーを採用することで故障時の対応が容易になっているそうです。

内部の長方形ロジックボードはiPhone 8とiPhone Xの中間といったデザインで「iPhone XS/XS Max」と同じく「A12 Bionic」チップを搭載、そのほかの部品も多くが「iPhone XS/XS Max」と同じになっているとのこと。

バッテリーは11.16Wh(2,942mAh)でiPhone XSの10.13WhとiPhone XS Maxの12.08Whの中間で、2機種より低い解像度によりiPhone過去最長のバッテリー駆動時間を実現しているようです。

何かと話題になる「Liquid Retina」ディスプレイの大きさは6.1といiPhone XSより0.3インチ大きく、さらにバックライトが必要なため厚く重くなっているそう、

ifixit-iphone-xr-teardown

比較画像を見ると厚みの違いがわかります。

同社のスコアは最も修理しやすい10点中6点となりました。これはディスプレイの交換が容易であることが高評価である一方、背面のガラスパネルの破損があると全体を交換しなければならないという点が挙げられています。

iFixitが公開している分解の様子は下記リンクより確認できます。

Source:iPhone XR Teardown

よく一緒に閲覧される記事

iPad miniに続き、iPhone 2019もApple Pencil採用の可能性

これまで後継モデルが登場するのかも怪しいと言われていたiPad m

次期Apple Watchはジャパンディスプレイ製OLEDを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が

次期Apple Watchか、新たにチタンとセラミックの筐体を追加へ

Appleの次期スマートウォッチ『Apple Watch』について

→もっと見る

PAGE TOP ↑