(更新)世界初の折り畳みディスプレイ搭載スマホ『FlexPai』発表、スペック・価格・発売日

公開日: : 最終更新日:2018/11/05 スマートフォン

中国Royoleは11月1日、世界初となる折り畳みディスプレイを搭載した7.8インチのスマートフォン『FlexPai』を発表しました。11月にはSamsungが発表すると噂されていました。

(更新2018/11/05:発表時の価格情報がありましたので追記します。)

FlexPai_Folded_Open_1000x1500

7.8インチ『FlexPai』のスペック・価格

Samsungが「出すぞ、出すぞ!」と煽っているうちにフレキブルディスプレイを手掛けるRoyoleがサラッと世界初の折り畳みディスプレイ搭載スマートフォンを発表しました。

ディスプレイのサイズは7.8インチで折り畳んことが可能なAMOLED、解像度は1920x1440でアスペクト比は4:3となっています。(308ppi)

6-en_1000x1500

YOGAスタイルもできる模様。

CPUにはQualcommの次世代Snapdragon 8シリーズを搭載、これについては実績あるリーカーIce universe氏がTwitterで何故かレビューのようなことをしており、その中でQualcomm未発表「Snapdragon 8150」を搭載していることを伝えています。

このSoCはパソコンにも搭載されるようになったSnapdragonシリーズの型番をわかりやすくするため4桁に変更し、2019年リリース予定と伝えられています。

スペック、主な仕様

基本スペックを見ていくとRAM8GB、ストレージ256GB+外部メモリmicroSDカード最大256GB対応という構成でした。

カメラは1600万画素+2000万画素のデュアルカメラで2画面スマートフォンと同じ理論で「ディスプレイ見ながら自撮りできるから片面でいいよね」というスタイルで片面カメラを採用したと思われます。

対応バンドは次のようになっています。

GSM/GPRS/EDGE B2/B3/B5/B8

UMTS B1/B2/B5/B8

CDMA BC0 BC0

TD-SCDMA B34/B39

LTE FDD B1/B3/B4/B7/B8/B12

LTE TDD B34/B38/B39/B40/B41

Bluetooth 5.1、NanoSIMx2基という仕様。

展開時の本体サイズは134x190.35x7.6mmとタブレットの大きさで重量も320gということで折り畳めてコンパクトになりますが、折りたたんだときの形状を見ると厚みは恐らく最大で20mm程度になるのでポケットにギリギリ入る感じでしょうか。

3-en_1000x1500

厚みは均等で、ヒンジ部分はLenovo YogaシリーズやSurface Bookに似た印象ですね。バッテリー容量は3800mAh、付属のUSB-Cケーブルで充電します。

価格・発売日

2-en_1000x1500

ROYOLE直販サイトにおける『FlexPai』の価格は128GBモデルが1318ドル(14.9万円)、256GBモデルが1469ドル(16.6万円)となっています。

(更新2018/11/05ここから)

rUwj-hnfikvc8822469

発表イベントの価格が判明したので追記します。

  • 6G+128G版:8999元(約14.7万円)

  • 8G+256G版:9998元(約16.3万円)

  • 8G+512G版:12999元(約21.2万円)

(更新2018/11/05ここまで)

発売日は2018年12月後半を予定、カラーバリエーションはブラックの1色展開のようです。

また、開発者向けモデルも用意されており、そちらは128GB=1588ドル/256GB=1759ドルという設定で発売日について明記されていません。

Source:ROYOLE – FlexPai / ITHOME

よく一緒に閲覧される記事

RAM6GB/128GBの6.47型TCL 10 Proが約1.5万円OFFの大幅値下げ

日本代理店のFOXが販売しているTCLの6.47型Androidス

技適/RAM12GBな「nubia RedMagic 5」開封レビュー、5Gの本格ゲーミングスマホ

ZTE傘下のNubia Technologyが技適取得して日本で発

2.0型『Punkt. MP02』が日本で8/8発売、価格

Punkt.(プンクト)はスマートな携帯電話『Punkt. MP0

→もっと見る

PAGE TOP ↑