6型GPD MicroPCが初披露、ハンズオン動画ほか

公開日: : GPD ,

GPDが新たに出資者を募っている6インチの小型PC(UMPC)『GPD Micro PC』を、CES 2019にあわせて実機を披露しました。

GPD-MicroPC-Handson-20190109

6型GPD MicroPCのハンズオン動画

これまでGPDがリリースしてきたGPD WINシリーズやGPD PocketシリーズではWindows搭載ながらUMPCということもありポートが少ないデザインでしたが、2018年12月に発表されたGPD MicroPCはHDMIにUSB、有線LANポートやシリアルポートまで搭載しており、ネットワークエンジニアやシステム管理者といった利用者を想定したモデルとなっています。

GPD-MicroPC.01

早期出資者向けに設定された価格は299ドルと安く、2019年3月にも出荷を開始予定となっています。

CESブースで実機を手にした海外メディアLiliputingによれば、これまでのGPD製品とは一線を画すようです。

例として6インチのディスプレイはタッチ操作は非対応、キーボード右上にあるタッチパッドで操作して左上にあるマウスボタンで選択するスタイルとなっています。

また、キーボード幅が狭いことから親指タイピングが合うよう、10本指は快適とは言えないとのこと。

そのため、『GPD MicroPC』を両手で持って操作するならば簡単にマウス操作が行えるものの、テーブルに置いて操作しようとすると違和感を覚えるだろうとしています。

同社では初となるバックライト付きキーボードになりますがCESショールームが明るいためチェックしにくかったと伝えています。

同社のハンズオン動画は下記YouTubeで公開されています。

前回の話(スペック・製品画像)
6型GPD MicroPC、僅か299ドルで2019年2月リリースか #UMPC

よく一緒に閲覧される記事

6型GPD MicroPCが初披露、ハンズオン動画ほか

GPDが新たに出資者を募っている6インチの小型PC(UMPC)『GPD

廉価版『GPD Pocket 2』(Amber black)発表–スペック・価格

中国メーカーGPDは12月13日、一部で支持を得ている小型PC(UMP

6型GPD MicroPC、僅か299ドルで2019年2月リリースか #UMPC

GPDが2019年にも低価格でインターフェイスが多めの6インチ小型PC

→もっと見る

PAGE TOP ↑